地域一丸で国体盛り上げよう

 先日、日高地方で紀の国わかやま国体の競技が行われる御坊、日高、印南、みなべ、日高川の5市町が初の合同会議を開いた。それぞれ宿泊地、輸送交通、駐車場の確保などで情報交換。今後、JR御坊駅での合同の総合案内所開設などで協力もしていくことになった。このように行政の枠を超えて国体を盛り上げていくことは、いい姿勢だと思う。
 情報交換の中で驚いたのは、市町ごとに予算が大きく違うこと。すでに社会面で紹介したが、最も高いのは日高川町の2億9600万円で、最も低いのは日高町の3900万円。こんなにも格差がある。競技によって準備する設備などが違うためで、言い方が適切かどうか分からないが、予算のかかり方で運、不運があるようだ。新年度予算編成が終わっているので、いまさらかもしれないが、各市町の枠を超えて一丸となって国体を盛り上げていくという意味で、一度予算を持ち寄って均等割すればよかったのではないかとも思う。さらに言えば、国体競技が開催されない周辺町も宿泊施設などで少なからず国体の恩恵はあるのだから、相応の負担をしてくれてもよかったかもしれない。とは言うものの、JR御坊駅の総合案内所で地元PRの観光パンフレットなどを配布する際には、5市町の分だけなどと〝せこい〟ことは言わず、日高地方全体でPRすべき。よく言いわれるように観光は点ではなく、面で推進するものである。
 あと一つ気になったのが、各市町のボランティアの人数。御坊市と日高町が極端に少ない。いろいろ話が飛んでしまったが、とにかく行政や地域住民が一丸となって国体の成功を目指すよう期待している。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘いですやん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る