県が観光振興アクションプログラム策定

 おととしの伊勢神宮式年遷宮から和歌山の観光振興にとって大きなイベントが続くなか、県はこれら集客の流れを切れ目なくつないでいくため、新たな観光振興実施行動計画(アクションプログラム)を策定した。ことしは高野山開創1200年と秋には国体の開催を控えており、高野・熊野の世界遺産や来年の大河ドラマ『真田丸』も絡め、「売り出す、招く、もてなす」をキーワードに和歌山ブランドの拡大に努める。
 県はおととしの伊勢神宮式年遷宮からの誘客に始まり、昨年は「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録10周年を契機とした和歌山デスティネーションキャンペーン(わかやまDC)をJRグループとともに展開。ことしは現在、記念大法会(5月21日まで)が開催されている高野山開創1200年事業に続き、秋には「紀の国わかやま国体・大会」が控えており、和歌山の観光にとってのゴールデンイヤーとなっている。
 伊勢神宮は遷宮翌年の昨年も参詣客が1000万人を超えるなど、お伊勢参りの人気が続いており、和歌山県も昨年はわかやまDCでクロスメディアの情報発信を行った結果、観光客の数と直接消費額が前年より増加。今後は高野山開創1200年を大法会の期間中だけに終わらせず、国体では「おもてなしトイレ大作戦」「おもてなし県民運動」など県を挙げてホスピタリティの向上に努め、リピーター客の増加を目指す。
 来年はNHK大河ドラマが真田幸村を主人公とする『真田丸』に決定。幸村ゆかりの地の高野町、九度山町など紀の川エリアの各市町、県、観光連盟などが観光推進協議会を設置し、九度山町が整備する真田ミュージアムでドラマに関連する企画展を行う。
 日高地方関連では「日本三美人湯」の龍神温泉のPR、江戸時代の町屋と大正・昭和の建物が残る御坊市のまちなか散策「寺内町」巡りなど、地域の観光資源を生かした取り組みで和歌山を売り出し、招き、もてなす。

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る