県が観光振興アクションプログラム策定

 おととしの伊勢神宮式年遷宮から和歌山の観光振興にとって大きなイベントが続くなか、県はこれら集客の流れを切れ目なくつないでいくため、新たな観光振興実施行動計画(アクションプログラム)を策定した。ことしは高野山開創1200年と秋には国体の開催を控えており、高野・熊野の世界遺産や来年の大河ドラマ『真田丸』も絡め、「売り出す、招く、もてなす」をキーワードに和歌山ブランドの拡大に努める。
 県はおととしの伊勢神宮式年遷宮からの誘客に始まり、昨年は「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録10周年を契機とした和歌山デスティネーションキャンペーン(わかやまDC)をJRグループとともに展開。ことしは現在、記念大法会(5月21日まで)が開催されている高野山開創1200年事業に続き、秋には「紀の国わかやま国体・大会」が控えており、和歌山の観光にとってのゴールデンイヤーとなっている。
 伊勢神宮は遷宮翌年の昨年も参詣客が1000万人を超えるなど、お伊勢参りの人気が続いており、和歌山県も昨年はわかやまDCでクロスメディアの情報発信を行った結果、観光客の数と直接消費額が前年より増加。今後は高野山開創1200年を大法会の期間中だけに終わらせず、国体では「おもてなしトイレ大作戦」「おもてなし県民運動」など県を挙げてホスピタリティの向上に努め、リピーター客の増加を目指す。
 来年はNHK大河ドラマが真田幸村を主人公とする『真田丸』に決定。幸村ゆかりの地の高野町、九度山町など紀の川エリアの各市町、県、観光連盟などが観光推進協議会を設置し、九度山町が整備する真田ミュージアムでドラマに関連する企画展を行う。
 日高地方関連では「日本三美人湯」の龍神温泉のPR、江戸時代の町屋と大正・昭和の建物が残る御坊市のまちなか散策「寺内町」巡りなど、地域の観光資源を生かした取り組みで和歌山を売り出し、招き、もてなす。

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る