広域清掃センターに小型家電回収容器

 御坊市名田町野島、御坊広域清掃センターでは、同センター敷地内の一角に小型家電回収容器を設置した。一般家庭から持ち込まれた携帯電話やカメラ、パソコンなどが対象。これまでは不燃性大型ゴミに紛れて処理されていたが、分別することでゴミの減量化とリサイクルを推進するとともに、専門業者への売却収入を得て、ゴミ処理費に活用する。
 小型家電回収容器は、高さ1.1㍍、幅1.15㍍、奥行き0.9㍍。投入口は横30㌢、縦10㌢で、この大きさに入る小型の家電が対象。例えば電話、デジタルカメラ、電気カミソリ、ヘアードライヤー、ゲーム機、電子時計、各種リモコンなど。捨てたい人は自由に直接持ち込めばよい。近年、こういった小型家電に使用されるレアメタル(希少金属)の価格が高騰する中、リサイクルを推進するのが狙い。同センターでは平成26年度で495㌧の不燃性大型ゴミを処理している。このうち、ある程度大型の家電については、田辺市の和歌山県資源開発協業組合が分別して1㌧当たり1080円、年間約100㌧分を買い取っていたが、小型家電については分別の手間がかかるため、そのまま粉砕などの処理がされていた。
 今回、回収容器を設置したのは清掃センター内だけとなっているため、一般家庭から年間でどれぐらい持ちこんでくるのかは未知数。ある程度集まれば、同組合に買い取ってもらうが、いまのところ価格も未定となっている。同センターを運営する御坊広域行政事務組合では「実績を見ながら進めたい。リサイクル意識の推進にもつながれば」と話している。
 小型家電については、買った量販店で引き取るサービスをしているところもある。ちなみに、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の4品目の大型家電については家電リサイクル法で、捨てる側は料金負担が必要となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る