日高高校などが地方創生クラスター設立

 県内の日高、田辺、海南、那賀の4高校は、15年後の2030年に予想される地域の課題を、世界の生徒と対話しながら自ら解決する力を身に付ける経済協力開発機構(OECD・本部=パリ)のプロジェクト「OECD地方創生イノベーションスクール2030」に参加するため、ともに研究する和歌山クラスター(集団)を設立。3年間、グローバル化を通じた過疎対策などをテーマに、同じ課題を持つ世界のパートナー校と協働で研究する。
 17日に4校の校長が、和歌山市内の県教委記者クラブで会見を開き報告。「OECD地方創生イノベーションスクール2030」は、東日本大震災後、OECDが福島、宮城、岩手の各県の中高生を集めて行われたプロジェクト「OECD東北スクール」の成果を継承しようと、今月14日、東京大学や福島大学がOECDと連携して発足。2030年に予想される過疎や少子高齢化、環境などの地域のさまざまな課題を高校生自身が解決する力を身に付けることを目的としている。
 プロジェクトは国内や海外でクラスターと呼ばれる集団を構成し活動。国内では東北、広島、和歌山と全国高専機構の4拠点で設立。和歌山では昨年10月に日高高が創立百周年記念のアジア高校生フォーラムを開催した際に出席したOECD関係者から高い評価を受けたことで今回の取り組みを紹介された。日高高では国際理解教育の認識をともにする那賀、海南、田辺の3校に声をかけ、和歌山クラスターを設立。国内4クラスターのうち唯一教育委員会や大学が入らない高校だけのクラスターとなっている。
 各クラスターは環境、エネルギー、防災、グローバル社会、少子化、高齢化、ICTをテーマに取り組み、和歌山では主にグローバル化による人口減少対策などに取り組む。具体的には世界を視野に入れて活動している地元企業の訪問や体験などを通じ、課題解決方法を学ぶことで、自ら課題を見つけ、解決する力を育成する。日高高校では総合学習や課題解決の授業などを活用して進める。
 またプロジェクトの特徴は世界の学校とパートナーとなって協働で研究することで、パートナー校はことし8月にヨーロッパやアジアの各国の中から決まる。プロジェクト期間は3年間。今後のスケジュールは、各校で研究を進め、本年度中に和歌山クラスターの4校で合同発表。来年8月にパートナーの海外の学校と研究報告、最終年の2017年8月に国際会議での最終報告を目指す。

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る