暖地園芸センター スターチスの新品種開発

 和歌山県が出荷量、栽培面積とも日本一を誇るスターチスに関し、御坊市塩屋町にある県農業試験場暖地園芸センターが3種類のオリジナル品種の開発に成功した。花の色はピンク、青、紫で、市場の人気が高いピンクは県のオリジナル品種としては初めてのカラー。すでに品種登録の出願を行っており、7月ごろの出願公表等を経て来年秋には生産者から初出荷される見通しとなっている。
 仁坂吉伸知事が14日の定例会見で発表。スターチスは御坊市と印南町を中心に、年間出荷量は6040万本、栽培面積が68.6㌶でともに全国1位。和歌山県全体の花き産出額の中でも割合は最大で、暖地園芸センターは民間の種苗会社より安く提供できるオリジナル品種の開発に取り組んでいる。
 スターチスのカラーは紫系、青系、ピンク系などに分類され、和歌山県はこれまで紫系が「紀州ファインバイオレット」など3種、青系が「紀州ファインラベンダー」の1種、その他として黄系の「紀州ファインイエロー」など3種を開発。今回はこれまでなかったピンク系の「紀州ファインピンク」、青系の「紀州ファインブルー」、紫系の「紀州ファインパープル」の3品種を育成し、先月、まとめて品種登録出願申請を行った。
 スターチスは花もちがよく墓参り用として需要が高いが、ハウス栽培の和歌山県産は秋から初夏にかけてが出荷時期で、春の彼岸が過ぎれば市場価格が落ち込むのが生産者の悩みの1つ。近年は、若手生産者によるカーネーションと合わせた「母の日参り」のキャンペーンなどから人気が高まりつつあり、紫や青に次いで人気が高いピンクについては、県に対して生産者から開発を求める声もあったという。
 ピンクは切り花が長くて花房数が多く、ブルーはボリュームがあり、パープルは生産性が高いというのがそれぞれの特徴。仁坂知事は「スターチスは和歌山が数ある花きの中でも最も得意とする大主力。これらの新品種を農家の方にどんどん作ってもらえば、もっと花の産地和歌山をアピールでき、さらに人気が高まると期待している」と話した。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなずっと友達だよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る