春から何かに挑戦を

 別れの季節といわれる3月が過ぎ、出会いの季節の4月に入った。学校では入学式が行われ、子どもたちが新しい生活を始めている。大きなランドセルを背負って登校する光景を見ると、「頑張れ」と声援を送りたくなる。企業では入社式が行われ、学生生活にピリオドを打って社会人としてスタートを切った人もいる。4月には躍動感がある
 入学式も入社式も昔のことで、いまとなっては関係ないという人も読者の中には多いのではなかろうか。筆者もそんな1人。しかし、物事を始めるにはいい季節。「もう年だから」と言ってしまわず、思い切って何かに挑戦してみてはいかがだろう
 江戸時代の測量学者の伊能忠敬は高齢で偉業を成し遂げた。55歳(1800年)の時から歩幅をメジャー代わりにして日本中を歩き回って地図をつくったことで知られている。期間は70歳(1815年)までの約15年で、歩いた距離は地球1周に匹敵する4万㌔にも及んだ。当時の海岸線などは人が通ることもできないほど険しい場所もあったに違いない。そういうことを考えると、不屈の精神とパワーに脱帽する
 春は行動的になりやすい。日本地図の作製という大きな偉業とまではいかなくても、自分の好きなことに挑戦しやすい季節だ。忠孝が測量学者を目指したきっかけは「地球の大きさを知りたい」という大きな好奇心からだったという。物事に興味を持ち、やり遂げたいという気持ちがあれば、年齢は大きな問題ではない
 筆者ももう少しで50歳。そう自分にも言い聞かせ、何かに挑戦できればと常々思っているのだが、これまで踏み出すことができず。「この春こそは…」と、ことしも意気込む。  (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る