知覧特攻戦没者慰霊祭 小松さんが遺族代表の言葉

 鹿児島県南九州市の知覧特攻平和観音堂前で5月3日に行われる第61回知覧特攻基地戦没者慰霊祭で、美浜町和田の会社役員小松雅也さん(84)が遺族代表の言葉を述べる。昭和20年5月の沖縄戦で、7つ上の兄中西伸一(のぶかず)さんが亡くなってから70年。遺族も高齢化で年々、慰霊祭への参列者が少なくなるなか、主催者のたっての願いで終戦70年目の大役を引き受けることになった。
 小松さんの兄、伸一さんは旧制日高中学校(現日高高校)から和歌山師範学校を卒業し、地元の和田国民学校で教師をしていたが、「自分も国のために戦わねば」と、昭和18年に教師を辞めて陸軍特別操縦見習士官に志願。三重県伊勢市の明野陸軍飛行学校へ入校、19年末には特攻隊に志願し、20年5月28日、鹿児島の知覧基地から第五四振武隊の隊長として出撃、敵艦に命中した。享年22。
 知覧基地跡地に建つ平和会館には、主に沖縄戦で知覧から出撃した全国の陸軍特攻隊員ら1036人の遺品や資料が展示されており、毎年5月3日に戦没者慰霊祭が行われている。遺族の1人の小松さんは昭和60年ごろに初めて知覧を訪れて以来、これまで5回、慰霊祭に参列。昨年は妹のさち子さん(81)と2人で参列し、平和会館近くの特攻隊員が出撃前夜に宿泊した三角兵舎跡を初めて訪ね、あらためて特攻隊員への感謝と哀悼の想いに胸が詰まり、「元気でいる限り、毎年、慰霊祭には参列します」と心に決めた。
 ことしは慰霊祭への案内はがきだけでなく、主催者の知覧特攻慰霊顕彰会から電話があり、遺族代表の言葉を依頼された。小松さんは「自分にはあまりに荷が重いとお断りさせていただきましたが、『70年の節目にいまもお元気な小松さんにぜひお願いしたい』といわれ、この国のために散華された1036人の特攻隊員の供養になればと思い、ありがたい気持ちで引き受けさせていただきました」と話している。
 慰霊祭には、孫夫婦も幼い子どもを連れて参列するという。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで歩くと楽しいね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る