子どもの選択肢増やしたい

 ことしは例年にないほど寒い中での入学式になった。寒の戻りで日高地方もここ数日は1枚多めに羽織る人が目につき、春らしさはあまり感じられなかったが、少し大きめの真新しい制服姿で登校する小中高校生の姿を見ると、やはり4月なんだと感じさせてくれる。新入生の皆さんはこれまでとは違う環境に不安や戸惑い、そして大きな期待とさまざまな思いを胸にしていることだろう。一日も早く新生活に慣れ、友達と学校生活を楽しみ、何かやりたいことを見つけてチャレンジしてほしいと思う。
 この入学シーズン、東北の被災地、福島県では新しい高校が開校した。福島第一原発から20~30㌔にあり、住民の6割以上が避難を続けている広野町に出来た「ふたば未来学園高校」である。1期生152人のうち約100人が地元出身者で、故郷への思いが感じられる。世界で活躍する人材を育成する文科省の「スーパーグローバルハイスクール」に指定されており、大学進学を目指すコース、サッカーなどスポーツコース、福祉や商工業などの資格を取得できるコースの3つの特化された分野がある。有名人も講師陣に名を連ね、ことし40歳になった筆者でも魅力を感じる学校である。
 少子化で日高地方の各学校は児童生徒数が年々減少し、とくに中学校は深刻でクラブ活動を含めて子どもたちの選択肢が狭まっている。この止められない時代の流れの中で、いかに選択肢を増やしていくかは大きな課題であると同時に、知恵を絞るいいチャンスでもある。単独で出来なくても地域単位、町単位、または小学校と中学校での学力、スポーツ、文化交流があってもいいと思う。将来のため、保護者も含めてご一考を。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る