音楽療法士の宮本さんが新刊出版

 みなべ町出身で千葉県に住む音楽療法士宮本昌子さん(80)がこれまでの活動を振り返り、日本人の心に響く歌とともに、高齢社会を心豊かに生きるための道しるべとして書き下ろした「歌って健やか わが八十年の歌物語」を発刊した。印南町出身で元防衛庁調達実施本部副本部長の夫双葉さん(80)との共著で、童謡や唱歌の時代背景や解説のほか、双葉さんが平和を願って詠んだ短歌も掲載。15日から全国の有名書店等で販売される。

 昌子さんはみなべ町岩代の出身で、南部高校から和歌山大教育学部音楽科を卒業。串本町の大島中学校や田辺市の明洋中学校で教壇に立ち、昭和36年から4年間のアメリカ留学で音楽と気功、ユング心理学などを修め、平成10年からは音楽療法士として地域住民の心と体の健康づくりをサポートする「歌って健やか」活動を展開している。

 現在は千葉県四街道市に住んでおり、今回の本は夫婦ともに元気で傘寿を迎えたのを機に、8年前に発刊した「歌って健やか 歌の玉手箱」に続く第2弾の姉妹編。夫婦で日本人の愛唱歌、童謡、唱歌、フォークソングなどとの出合いをたどりながら人生を振り返り、昌子さんと同じ南部高校から防衛大を卒業し、防衛庁海上幕僚監部経理補給課長、海上自衛隊木更津航空補給所長などを務めた双葉さんは、戦争と平和をテーマに詠んだ自身の短歌などをつづっている。

 昌子さんと双葉さんは「高齢社会を健やかに、心豊かに生きるための道しるべとなるようにとの願いを込めて書きました。多くの方に読んでいただき、少しでもわが人生の恩返しができればと思っています」と話している。

20150410本.jpg

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る