県内外国人旅行宿泊客が30万人突破

 日本への外国人観光客が年間1300万人を超える人気となっているなか、昨年1年間の和歌山県への外国人宿泊客数が初めて30万人を突破した。県などによる年間数十回に上る海外プロモーション等の効果のうえに、円安や格安航空の座席数増加も追い風。香港、台湾、中国からの客が過去最高を記録し、欧米や豪州からの客には高野山や熊野古道が人気を集めたという。
 美しい山や海の自然が豊かで、郷土料理も人気の和歌山県には世界遺産の熊野古道と高野山があり、白浜町や龍神村の温泉リゾートも外国人には大きな魅力。近年は格安航空のLCCによる航空座席数の増加やビザの緩和、円安などが追い風となって全国的に外国人観光客が増加しており、和歌山県も海外への観光プロモーション、海外からのメディア取材やエージェントの下見サポートを行い、各市町村と観光協会等の団体も公衆無線LAN(Wi―Fi)、県の補助を活用したおもてなしトイレの整備等を進めてきた。
 県の発表によると、昨年1年間の外国人宿泊客数(速報)は30万3574人で、過去最高だった前年の21万1754人から9万1820人の増。前年比は143・4%、国内全体の伸び率(129・4%)を上回る大幅増となった。
 宿泊客数の国・地域別シェアは、香港が25・6%で最も多く、次いで台湾(22・8%)、中国(12・3%)、フランス(4・5%)、米国(3・9%)――などの順。それぞれの前年比をみると、中国は3・8倍と急増し、1位の香港と2位の台湾も過去最多。アジア以外のフランス、スペイン、アメリカ、カナダ、オーストラリアもすべて過去最多となった。
 宿泊先では、中国などアジアからの客は白浜町や和歌山市、みなべ町、那智勝浦町が多く、フランスなど欧米豪からの客は7割近い68・8%(4万7861人)が高野町に宿泊。また、高野山とともに世界遺産登録10周年を迎えた熊野古道の人気から、田辺市に宿泊する観光客が前年比2・2倍(8414人)と大幅に増えた。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで歩くと楽しいね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る