企業の森 本家さぬきやも参画

 環境保全など目的に県が進めている企業の森事業で、外食・ホテル事業等の㈱本家さぬきや(平野誠代表取締役社長、本社泉大津市)が8日、日高川町姉子地内の山林で森づくりをスタートした。小雨の降るなか、平野譲会長、誠社長をはじめ、社員ら約30人が苗木を植栽。同社は日高川町の公的観光施設の管理・運営を行っている企業で地域への感謝の気持ちを込めて森づくりに励んだ。
 初の活動となったこの日、山林近くの県道脇でセレモニーが行われ、日高川町出身の譲会長は「微力ですが、森づくりを通して素晴らしい日高川町に恩返しをしていきたい」とあいさつ。森を管理する地元中津村森林組合の柏木一夫組合長は「企業の森事業に参画していただき感謝しています」とお礼を述べた。このあと山林に移動し活動開始。まず譲会長、誠社長が看板を除幕し、ヤマザクラの苗木を記念植樹。社員らはヤマザクラとコナラの苗木約130本を植栽し、クワを手に成長を願いながら丁寧に植えつけた。
 さぬきやは今春から10年間にわたって「感謝の森」と名付けた0・37㌶の山林で森林保全活動を実施。コナラやヤマザクラ、ケヤキ、シバグリなど広葉樹600本を植栽し森づくりを進める。今後、社員は植栽や下草刈りなど行い、日ごろの管理は中津村森林組合に委託する。
 県内全体の企業の森事業への参加は65団体、活動場所は67カ所。日高川町にはさぬきやほか、ユニチカ労働組合、連合和歌山、セイカグループ、紀陽銀行、東洋紡、県宅地建物取引業協会、三井住友信託銀行、JA共済連和歌山、本州化学工業、丸紀木材工業の11事業所が参画している。

関連記事

フォトニュース

  1. ゴミ拾いはスポーツです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る