企業の森 本家さぬきやも参画

 環境保全など目的に県が進めている企業の森事業で、外食・ホテル事業等の㈱本家さぬきや(平野誠代表取締役社長、本社泉大津市)が8日、日高川町姉子地内の山林で森づくりをスタートした。小雨の降るなか、平野譲会長、誠社長をはじめ、社員ら約30人が苗木を植栽。同社は日高川町の公的観光施設の管理・運営を行っている企業で地域への感謝の気持ちを込めて森づくりに励んだ。
 初の活動となったこの日、山林近くの県道脇でセレモニーが行われ、日高川町出身の譲会長は「微力ですが、森づくりを通して素晴らしい日高川町に恩返しをしていきたい」とあいさつ。森を管理する地元中津村森林組合の柏木一夫組合長は「企業の森事業に参画していただき感謝しています」とお礼を述べた。このあと山林に移動し活動開始。まず譲会長、誠社長が看板を除幕し、ヤマザクラの苗木を記念植樹。社員らはヤマザクラとコナラの苗木約130本を植栽し、クワを手に成長を願いながら丁寧に植えつけた。
 さぬきやは今春から10年間にわたって「感謝の森」と名付けた0・37㌶の山林で森林保全活動を実施。コナラやヤマザクラ、ケヤキ、シバグリなど広葉樹600本を植栽し森づくりを進める。今後、社員は植栽や下草刈りなど行い、日ごろの管理は中津村森林組合に委託する。
 県内全体の企業の森事業への参加は65団体、活動場所は67カ所。日高川町にはさぬきやほか、ユニチカ労働組合、連合和歌山、セイカグループ、紀陽銀行、東洋紡、県宅地建物取引業協会、三井住友信託銀行、JA共済連和歌山、本州化学工業、丸紀木材工業の11事業所が参画している。

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る