家族サービスに鷲の川へ

 日高川町田尻、鷲の川渓流アマゴ釣り場が1日にオープンした。毎年オープン初日に取材させていただいている。ことしはあいにくの天候で釣り人が来ているか心配していたが、釣り場に着くと町内の夫婦が雨がっぱを着ている最中。間もなく釣りをやり始め、その様子を見ていたが、小雨が降るなか、次々とアマゴを釣り上げてとても楽しそうだった。話を聞くと、「塩焼きにして酒の肴にしたい」と笑顔。昨年取材した男性が「アマゴ酒にして一杯やる」と話していたのを思い出した。毎年、竿の感触を楽しんだ充実したひとときと川の幸が待つ夜の食卓へこのようなうれしそうな声が聞こえる。
 筆者は、取材で釣り場を管理運営する矢筈老人クラブアマゴ部の方からアマゴをいただいた。毎年、いただいたアマゴは家族で食べるが、ことしは筆者と同じ町内の人にも味わってもらおうと料理店へ持っていった。塩焼きにしてもらって食べたが、最高の味わいでついついお酒も進んでしまった。毎年のことながら、釣り場で話を聞いた人たちの気持ちはとてもよく分かる。
 釣り場は平成14年に開園。矢筈老人クラブアマゴ部が日高川漁協からの委託で管理運営している施設で、渓流を生かした釣り堀が設けられており、周りはコンクリートで舗装されているので子どもでも安心。渓流釣りもできる。毎年約500人の行楽客が訪れる人気スポットだ。場所は紀伊半島自然百選や紀の国名水に選ばれたところでロケーションも最高。つかみ捕りやバーベキューもでき、幅広い年齢層が楽しめる。家族で釣り、子どもはつかみ捕りと家族サービスにも最適。竿の感触、夕食の楽しみ、家族サービスへ鷲の川ならではの行楽スポットへ足を運んでみては。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る