県議選 自民現職4氏が第一声

 統一地方選の和歌山県議選は3日に告示され、御坊市部(定数1)に自民党現職の中村裕一氏(55)=熊野、7期=、日高郡部(定数3)に坂本登(68)=みなべ町南道、4期=、花田健吉(56)=印南町印南原、3期=、冨安民浩(67)=日高町高家、6期=の3氏が立候補した。無投票ムードが漂う中も、出陣式では各候補者がそれぞれ防災対策、人口問題、産業振興などで力強く第一声を放った。

吉本県議選(中村).jpg

中村 裕一氏(55)

 中村陣営では薗地内の選挙事務所で出陣式を行い、支持者ら350人(主催者発表)が来場した。最初に野村義夫後援会長は「4年前と違って対立候補の顔が見えずきょうを迎えたが、この4年間の活動の総括としてゴールを目指せるよう皆さんのご支援を」と呼びかけた。来賓の柏木征夫市長は「4年間お疲れさま。その実績に感謝し、今後の4年間の活動に期待したい。力いっぱい応援する」、西本和明市議会議長は「敵は見えないが最後まで戦う気持ちで頑張ろう」と激励した。中村氏は「この4年間で巨大地震と人口減少対策に全力を尽くしたい。今回、立候補の届け出は1番となったが、選挙の結果も1番となれるよう、よろしくお願いします」などと支持を訴えた。このあと、ガンバローコールで必勝を期し、街宣車で市内一円を巡った。

上西県議選(坂本).jpg

坂本 登氏(68)

 坂本陣営ではみなべ町南道の選挙事務所で出陣式を行い、約700人(主催者発表)が気勢を上げた。後援会の早川正志会長(62)が最初にあいさつし、「問題を解決できる仕事のできる人間が必要。坂本先生は4期16年の実績と実行力がある」と一致団結を呼びかけた。坂本氏は5期目の意気込みを訴え、「1次産業の振興がなければ地域の発展がないというのが信条。商工、福祉、教育などの活性化にもつながる。いま登録に向けて進めている世界農業遺産を成功させ、梅、備長炭、ミツバチを世界に売り出していくことが地域振興になる。梅の機能性表示にも全力で取り組んでいきたい」と第一声を放った。地震や津波の防災対策による安全安心のまちづくり、子どもの教育に取り組むことも約束した。最後にガンバローコールで締めくくった。

山城花田.jpg

花田 健吉氏(56)

 花田陣営では印南町印南原の選挙事務所で行い、支持者ら約200人(主催者発表)が集まった。朝間諭後援会長は「現知事県政の中、相当な仕事ができると思いますので、今後ともよろしくお願いします」とあいさつ。花田県議は「私の政治の原点はふるさとで次の世代が生活できること」とし、「和歌山県の近くには関西空港という日本唯一の24時間空港がある。そして日高地方は有数の農業産地であり、その作物は世界でも優れている。アジアへ販路を開拓していけば、農業は有力な産業になり得ます」と第1次産業の発展に取り組むことを強調。さらに企業団地など活用による若者の雇用確保、高校中退者の対応、高齢者が安心して暮らせる環境づくり、地震・津波対策を訴え「さまざまな問題を皆さんとともに解決していきたい」と支持を呼びかけた。

湯川県議選冨安氏.jpg

冨安 民浩氏(67)

 冨安陣営では日高町萩原の選挙事務所で出陣式が行われ、約500人(主催者発表)の支持者が詰めかけた。後援会会長代理で元JAグリーン日高組合長の鈴木恒雄氏が「冨安先生には農業施策について情報提供、ご助言をいただいてきたが、農業のみならず郡内の産業振興に欠くことのできない存在。この選挙を通じて、さらにご活躍してもらうには皆さんのご支援、ご協力が欠かせない」とあいさつ。日高町の松本秀司町長、由良町の畑中雅央町長に続いて壇上に立った冨安氏は「6期24年間、『政治は結果責任である』という信条の中で活動を続けてきた」と述べたうえで、「道路問題、防災・減災対策、1次産業の振興はもとより、(さまざまな問題、課題に対して)県議として『責』を果たしていく覚悟」と力強く第一声を放った。

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る