対立なくして成長はない

 話題の大塚家具のお家騒動。創業者の会長と社長の長女が経営方針で対立、株主総会で双方が相手の退任を求める委任状の争奪戦となり、結果は約6割の賛成を得た社長側が勝利。社長は「総会が終わればノーサイド」と述べ、全社一丸となっての再出発を強調した。
 「権力とは与えられるものではなく、奪いとるものだ」というのは、マフィア一族の盛衰を描く映画『ゴッドファーザー』シリーズ最終章のコピーだったか。大手企業の経営をめぐる争いをギャングの抗争と同じにする気はないが、トップとして会社(ファミリー)を強く大きくしながら、守っていくという思いは通じる。
 相手を社の経営から外しにかかるなど、他人同士ならまだしも、血のつながった家族間でどちらもこんなことはしたくない。水面下の調整は万策尽き、今回の総会での提案も物笑いの種になるのは百も承知の上。大手メディアはこの売れる一連の騒動をニュースにしながら、「不毛な対立は会社の信用を落とすだけ」などとどの口がいえるのか。
 そもそも、大手、中小、法人、個人の事業者であってもなくても、家族の仲が悪いというのはなんら珍しい話ではない。経営については、親も子も真摯であるからこそ対立し、対立がなければ変化がなく、成長もない。いらぬけんかは必要ないが、二代目も創業者の親に反発するぐらいの気骨がなければ、新社長の息子に色眼鏡をかける社内をまとめられない。
 『ゴッドファーザー』の二代目は、ファミリーを守るため、裏社会では弱すぎる兄を苦渋のうえ殺害する。「仲よきこと」は美しい半面、日本人特有の幻想。大塚家具の争いはあくまで経営上の闘争であり、「親子げんか」という言葉は当てはまらない。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る