JA紀州の花き部会に全国表彰

 第44回日本農業賞の集団組織の部で優秀賞を受賞したJA紀州のみなべいなみ花き部会(池田晃会長)、第16回全国果樹技術・経営コンクールで農林水産省生産局長賞を受けた同JAのみなべいなみ梅部会(有本義宣会長)の表彰状伝達式が27日、みなべ町のJA紀州アグリセンターみなべで行われた。ともに品質の向上や環境への負荷を軽減した農業に取り組んでいることが評価され、両部会とも産地の発展へさらなる技術の向上を誓った。
 日本農業賞の花き部会は、スターチスやカスミソウなどの栽培農家96戸で構成。「『はな・ひと・環境』にやさしい花作り」をスローガンに出荷までの工程をマニュアル化し、切り花にストレスを与えない作業を実践。水の入った箱を使うバケット輸送を行っており、作業の効率化と品質向上、環境負荷の低減を実現している。自分たちの栽培を記録して定期的なデータ報告、第三者による監査も受け、花の鮮度を保つ試験も行うなど積極的な取り組みが評価された。
 梅部会は1663戸の栽培農家で組織し、全国の梅生産量の25%を供給している。トップブランド南高梅の一大産地で、園地ごとに農薬使用履歴等を入力するトレーサビリティーシステムを全国に先駆けて導入したほか、農薬残留分析など安全安心な梅の生産に取り組んでいる。各地の消費者を現地に招く「梅もぎ体験ツアー」や女性部会員らでつくる「梅愛隊」が全国各地に出向いて食べ方や健康機能性、加工方法などをPRする食育活動も展開し、消費拡大とブランド力の強化を続けている。
 伝達式には花き部会の池田会長、眞田和典副会長、山本茂春会計、梅部会の有本会長、上野章副会長が出席。それぞれ賞状などを受け取った。池田会長は「部会を支えてくれた先輩や生産者がいい品を作ろうとしてくれたおかげ。これからも賞に恥じぬよう、それぞれが農業経営の向上に努め、後継者を育成し、JAと力を合わせていい産地をつくっていきたい」、有本会長も「表彰式に出席していたほかの果樹産地に比べて団体規模や出荷量など突出しており、全国から認められる部会なんだとあらためて感じた。いまは青梅の販売が苦戦しているが、梅は日本食文化の代表の一つで、打開策はあると思っている。県農やJAの指導を受けて生産者のグレードアップを図っていきたい」とそれぞれ決意を述べた。最後に芝光洋専務が「梅も花も、地域が一つになって取り組んだ成果。これからも地域を盛り上げ、産地を大きくしていこう」と激励した。

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る