印南まちづくり基金が4団体を助成

 公益財団法人わかやま地元力応援基金(石橋幸四郎理事長・和歌山市)は24日、印南町役場で「印南まちづくり基金」助成金の贈呈式を行い、選考した地元4団体へ目録を手渡した。
 「印南まちづくり基金」は、本郷地内の町有地「外ケ濱埋め立て地」などで行っているソーラー発電で得た売電利益を中心に積み立てた助成金で、町の文化、産業の振興や環境整備などに取り組んでいる団体に寄付する。今回が第1回の助成で、応募があった5団体の中から4団体を選考した。
 4団体は「印南町食生活改善推進協議会」「一般社団法人ビオトープ」「江戸時代の印南漁民の偉業を顕彰する会」「印南町商工会青年部」。贈呈式では選考会議長の古谷正信副町長が「有効に使い、町づくりに頑張っていただきたい」と話し、ソーラーを運営する㈱PLUS SOCIAL(本社=京都)の深尾昌峰代表(龍谷大准教授)が各団体の代表者らに贈呈した。
 助成額は1団体につき20万円以下。「印南町食生活改善推進協議会」では町民の高血圧対策へ塩分測定器購入など、「一般社団法人ビオトープ」は循環農法に向けた設備費、「江戸時代の印南漁民の偉業を顕彰する会」は石碑の設置費、「印南町商工会青年部」は婚活事業スタッフTシャツ製作費に使用する。

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る