人口減と子育て環境の変化

 現在、約1億2800万人と言われる日本の人口。しかし、国立社会保障・人口問題研究所によると、2030年には1億1522万人、さらに45年後の2060年には867万人と、1億人を割るそうだ。県内の人口推移予測でみると、現在の約95万人から10年後の2025年には84万6000人、2030年には79万3000人、2035年には73万8000人と、減少の一途をたどるという。全国の各都道府県よりも減少率が高い。
 日高地方でみても、30年ほど前と比べると出生率は激減し、高校のクラス数も半分程度に減っている。中学校では野球やバレーボールは隣の学校と合同でしなければならないという学校が増え、「子どもの数が減った」という声がよく聞かれる。
 人口減の大きな要因は出生率の低下だが、子育ての環境もクローズアップされている。核家族が増え、両親は共働き。小学生低学年の子どもを持つ家庭では、田舎でも学校が終わる時間から子どもを預ける児童保育の制度が普及。昔なら祖父母らが子どもと過ごしたり、近所の友達と一緒に山や川で遊んだりしていたが、最近はそうもいかなくなったようだ。親や家庭とのつながりが希薄になりがちで、子どもたちを取り巻く環境が変わっているのは確かだ。それが少年の凶悪犯罪の増加につながっているのかもしれない。
 もうすぐ本格的な開花が始まるサクラも、人間と同じような悩みを抱えているようだ。近年は子孫を増やす花数が減少しているということを聞いたことがある。真実かどうかは分からないが、「騒音などがストレスとなっているのではないか」と、生育環境の変化が一因として挙げられている。華やかできれいな花にも、人間にも、将来が憂慮される。  (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. やにこうおいしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る