御坊の北吉田にも大賀ハス池

 御坊市藤田町北吉田地区の有志でつくる大賀ハス池の会(仮称)が地区内の休耕田を活用してハス池を整備し、美浜町三尾の大賀ハス池から5株を分根して植え付けた。大賀ハスを研究した故阪本祐二氏(元日高高校教諭)の出身地が吉田だったことを縁に、平和の象徴であるハスを観光振興に役立てるのが目的。順調にいけば数年先には開花する。
 地元有志は山本達区長はじめ阪本久佳さん、早川義孝さん、中橋一馬さん。元々、中村裕一県議から二階俊博代議士が平和の花・ハスの普及運動に取り組んでいることを聞いて賛同。さらに、2000年の時を超えて大賀ハスを開花させた故大賀一郎博士の研究を引き継いだ故阪本氏の出身地でもあることから、今回のハス池整備と分根を計画。昨年秋に故阪本氏の妻弘子さんに大賀ハスの分根の相談を持ちかけたところ、和歌山県大賀ハス保存会の会長を務める長男の尚生氏を紹介されて協力、指導を受けた。ことし2月には地区内でハス池の場所を決定、今月12日には草刈りと整地。17日に水を引き込んで肥料散布などで準備してきた。22日には三尾の大賀ハス池で同保存会の協力を得ながら5株のレンコンを掘り出し、北吉田に運んで植え付けた。
 整備したハス池は面積約5㌃。場所は北吉田八幡神社の北約1㌔。区内では県道拡幅計画があるほか、宮子姫顕彰会や宮子姫の里をつくる会が観光客誘致の取り組みを展開しており、関係者は相乗効果に期待。大賀ハス池の会は「故阪本先生のご先祖は、吉田地区の氏神である吉田八幡神社を建立した時には宮司であったと、地元ではよく知られている。神社のある北吉田地区に大賀ハス池ができることは大変喜ばしい。早く鮮やかな花が咲くことを楽しみにするとともに、まちおこしにもつなげたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る