紀州みなべ梅干組合 「梅アクティーボ」販売へ

 みなべ町の梅加工業者で結成している紀州みなべ梅干協同組合(小山豊宏組合長)は和高専と共同で、紀州産の南高梅を使った飲料水(梅ジェリー)「梅アクティーボ」を開発。4月1日から販売を開始する。
 同組合で商品開発を行うのは今回が初めて。商品のコンセプトは「喉ごしさわやか元気いっぱい」で、商品名の「アクティーボ」はスペイン語で「元気が出る」という意味。梅肉エキス、梅果汁、梅酢などを原料として仕上げた。開発には和高専の藤本晶教授らが協力し、人間が感じたことを数値で表す感性工学の手法を飲料製造、ネーミング、パッケージにも取り入れた。ゼリー状の飲料水で、容量は180㌘。疲労回復に効果のあるクエン酸の含有を高め、1袋当たり1400㍉㌘となっている。パウチ容器入りで、パッケージには「紀州南高梅使用」「喉ごしさわやか・壮快梅酢ゼリー」などと表示されている。販売は加盟43社で行い、各社の販売ルートを通じてPRしていく方針。希望小売価格は200円(税抜き)。
 19日にはみなべ町商工会南部川分所で発売発表会が開かれ、小山組合長は「ことし開催されるわかやま国体などいろんな場で宣伝し、販売していきたい。目標は年間で30万個を見込んでいる」、東善彦PR担当理事は「手軽に健康が味わえ、アスリートらにも飲んでもらえる。梅干し市場は成熟しており、この商品にかける思いは強い」と期待している。すでにイトーヨーカ堂などの大手スーパーで取り扱うことが決まっているほか、関係者らは「Aコープや高速道路阪和道のインターチェンジなどでも販売できるようにしていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 温かい善意ありがとうございました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM
  2. 第11回印南かえるのフェスティバル

    11月 17 @ 12:00 AM
  3. 日高川フォレスト祭

    11月 17 @ 9:00 AM
  4. NOB ROCK IN 子十浦FES17

    11月 17 @ 10:00 AM - 5:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る