日高町の杉村さん 東北の被災地へみかん

 日高町小中、杉村邦雄さん(77)は趣味のゲートボールが縁で東日本大震災直後から被災地との交流を続けており、ことしもみかんをプレゼントする計画を立てている。小中のみかん農家白井喜詔さんが甘夏を提供するが、収穫や箱詰め作業に人手がいるので「どなたかボランティアで手伝っていただけませんか」と広く協力を呼びかけている。
 4年前の震災発生直後、岩手県花巻市でゲートボールの全国大会が開かれ、杉村さんは日高町レディースチームの監督として参加。当初はためらったが、主催者から「参加していただくことが被災地への励ましであり支援になる」という声を受けて決めた。現地では三陸海岸など壊滅的な被害を受けた土地を目の当たりにし、ゲートボール仲間からは「ボールやスティックなどの用具もすべて失った人が多い。今は無理でも、いつかまた競技を楽しめるようになればと思う」と聞いた。杉村さんらは「その時のために、東北へ用具のセットを贈りたい」と、日高地方の愛好家に呼びかけて「ゲートボール募金」を募り、100セット近いボールを届けて喜ばれたという。以後も手作り品を贈るなどずっと交流を続け、昨年は「風邪などひかないようにビタミンCが豊富なみかんを贈ろう」と、白井さんの協力でデコポンを30箱ほどプレゼント。ちょうど仙台市で開かれた東北6県のゲートボール研修会席上で参加者に配られ、「うれしさとおいしさと温かいみかん色に、胸が熱くなりました」など喜びに満ちた礼状やデコポンを描いた絵手紙などが寄せられた。
 ことしも白井さんが栽培している甘夏を提供。杉村さんは「東北では柑橘系はほとんど栽培されておらず、みかんのプレゼントは喜ばれると聞きました。たくさん贈ってあげたいのですが、収穫も箱詰め作業も重労働で、高齢の私たちではなかなかはかどりません。どなたか力を貸してくださいませんか」と協力を呼びかけている。問い合わせは杉村さん℡090―9094―0651。

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る