演歌歌手の大川さん 新曲「宮子姫物語」発表

 由良町里、キングレコード所属の歌手大川勝義さん(65)が、新曲「宮子姫物語(かみながひめ)」を発表した。作詞は御坊市湯川町富安、鳳生寺住職の岩本龍飛さん(64)、作曲は大川さん自らが担当し、宮子姫に髪が生えて道成寺を建立するまでのストーリーを郷愁誘う唱歌のように仕上げた。御坊市では民間や行政が宮子姫を活用した観光振興を進めており、今回の新曲が一層のPRに一役買ってくれそうだ。
 大川さんは昭和56年9月に「我が心の故郷」でメジャーデビュー。最近では「北国慕情」もリリースした。岩本さんとは長年の付き合いがあり、岩本さんと縁がある美浜町田井、メモリアルウエストが老人ホームや保育園を訪問して手作り紙芝居で「かみなが姫」を披露していることから、その場で歌ってもらったり、宮子姫を活用した地域活性化に協力したりできないかという思いで、宮子姫物語の新曲を作ることになった。かつて歌手のレッスン時代にウッドベースを弾いていた経験があり作曲もできるが、「髪長姫に導かれたようにメロディーがすらすら出てきました」と話している。岩本さんは普段、川柳を詠むことはあるが、作詞は初めてで、「苦労した面もあります。物語を全て書くのではなく、メロディーで想像してもらえるようにしました」と説明。2人は「唱歌のようでうたいやすく、オーソドックスにつくられていて、みんなで口ずさんでいただければと思います」としている。現在、市観光協会の古久保恭一会長に依頼して編曲も進めている。歌詞は次の通り。
 ♪深くて暗い 海の底
夜更けに光る 金の海
母さん 闇に引き込まれ
澄んだひとみの わらべをみれば
髪のないのが なおさら不憫
 ♪日高の浜に 流れつき
にぎる縁(えにし)の 観音さま
父さん母さん けむりとなって
空の上から、守っています
それからでした 長い黒髪
 ♪村一番の わらべをみなは
かみながひめと呼びました
天子さまから 妃のねがい
かみながひめは 都にのぼり
感謝、感謝で ああ、道成寺

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る