宮子姫顕彰会とつくる会が統一

 発足5年目を迎える宮子姫顕彰会(吉田擴会長)と2年目の宮子姫の里をつくる会(津村尚志会長)の合同役員会が12日に藤田会館で開かれ、両会を統一させることを承認した。会の名称や活動計画などは今後決めるが、宮子姫を活用した観光振興という同じ目的の団体が力を合わせることで、より一層日高地方の活性化につながると期待されている。
 顕彰会は会員数が78個人32団体で、毎年10月の吉田祭の日に宮子姫時代行列を催し、前日夜には吉田八幡神社前でちょうちん205個を設置してライトアップも行っている。おととしにはゆるキャラ「みーやちゃん」などを製作。宮子姫コンテストの共催団体にもなっている。一方、つくる会は会員数が91個人。藤田町吉田地内(吉田八幡神社東)の農地1・5㌶を宮子姫の里とし、観光、食事、物産の全てが体感、体験できる場としての活用を目指している。これまでには活性化のアイデアを広く集めようとワークショップを開催し、①宮子姫おんぱく②日高ええもんどっさりマルシェ③御坊・日高ほぼ日本一バザール――の3事業を実施することを決めた。また、先月22日には里の用地で地元ボランティアらの協力を得て除草作業を実施。今後、造成など進めるが、財源確保が課題となっている。
 役員会では、最初に吉田会長が「2つの会は、宮子姫を観光の目玉にしようと同じ目的に向かって進んでいる。1つになってもっと大きな力にして観光を進めたい」とあいさつ。津村会長は「宮子姫の里を拠点にすれば吉田祭や時代行列も一層にぎやかに開催できる。また、年間を通してさまざまなイベントや物産販売を行い、地域活性化のチャンスをつかもう」と述べた。両会統一の採決は挙手で行い、満場一致となった。正式には顕彰会の総会で承認を得たあと、統一後の会の名称などを決定して活動をスタートさせる。NPOや一般社団、財団法人化も視野に入れている。

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る