タワー建設を早期に!

 「津波避難タワーは万全ではない」。ことし1月に御坊市で行われた防災講演会で群馬大学大学院理工学府の片田敏孝教授も言っていたが、その通り。いくら頑丈なタワーでも100%安全ということはない。だから、御坊市で言うと、津波避難は岩内方面や亀山など高台に逃げるのが基本。そして高齢者や足の不自由な人らが逃げ遅れた場合、タワーという選択肢を選び、被害に遭うリスクを少しでも減らすという考え。行政としてはこれを「タワーにさえ上がれば安全」と住民に勘違いされてしまうことが危険と指摘しており、タワーを建設する際には避難の基本的な考え方も含めた啓発が必要だろう。
 そんなタワーについて、市は先月末に完成した薗の施設に続き、新たに薗と名屋の2カ所程度に整備する方針を地域防災計画に盛り込んだ。厳しい財政状況の中で〝英断〟ではないだろうか。名屋の高齢者の中には「遠くまで逃げるのは無理だから、家の中でお経でも上げてじっとしている」と漏らし、避難をあきらめてしまう人がいる。これが近くにタワーが建設されたなら、「逃げてみよう」という気になるかもしれない。また、住民全体の危機意識向上にもつながり、日ごろの避難訓練も一層活発化するかもしれない。タワー建設には事前防災の観点で、そんな効果も期待できるのではないだろうか。
 ただ一つ、行政に要望したい。地域防災計画では新たなタワーの整備目標が平成32年度となっている。せっかくの英断も、それまでに災害が起きては意味がない。新年度予算は編成済みだが、年度途中の補正でもいいから早期に着手していただきたい。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る