遅すぎる禁煙はない

 日高高校附属中学校で3年生対象の喫煙防止教室を取材した。日高医師会学校医部会で制作されたスライドを流していたが、印象的だったのが喫煙によるバージャー病で手足が壊死(えし)したり切断した写真。かなり衝撃的な写真だったので、授業を受けた生徒たちも喫煙防止への気持ちを高めたことだろう。
 英医学誌の「BMC Medicine」がこのほど、喫煙を続けると非喫煙者に比べて死亡率が最高で4倍にまで膨れあがるなどの研究結果を報じた。オーストラリアの機関の研究で、オーストラリアに住む45歳以上の男女20万4953人を対象にした喫煙に関する死亡率の調査。「一日当たり1から14本」の喫煙者の死亡率は非喫煙者に比べて2倍、「一日当たり25本以上」の喫煙者の死亡率は4倍にまで膨れ上がったという。
 現在の日本の喫煙率はどうか。JTの平成26年全国喫煙者率調査によると成人男性の平均喫煙率は30.3%で昭和40年以降のピーク時(41年)の83.7%と比べて大きく減少。減ってはいるものの諸外国と比べると高いとのことで、成人女性についても平均喫煙率9.8%で、ピーク時(昭和41年)より減ってはいるもののほぼ横ばいとなっている。
 いまは喫煙者は税金が上がり吸える場所も減らされ、何かと肩身の狭い思いをし、禁煙も視野に入れているだろう。さきほどのオーストラリアの研究では、長年喫煙していた人でも45歳から54歳の間に喫煙をやめた場合、非喫煙者と比べて死亡率は約1.5倍まで減少することがわかっている。要するに禁煙を始めるのに、遅すぎることはないということ。「もういまさら」と思っていた人もいまいちど挑戦してみてはどうだろうか。    (城)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る