創生法で新たな挑戦を!

 国の「まち・ひと・しごと創生法」の公布を受けて、御坊市が同創生本部を設置した。同創生法は少子高齢化に対応し、人口減少に歯止めをかけることなどを目的にしており、国が補助金を出して自治体自身が人口ビジョンや地方版総合戦略を策定。成果や実績に応じてより手厚い交付金が出される仕組みとなっている。いってみれば地方へのバラまきをなくすとともに、地域ごとにやる気が試される取り組み。今回、御坊市で創生本部をいち早く立ち上げたことは、まずそのやる気の表れとして評価できる。
 全国的にもそうだが、御坊市では特に人口減少問題が深刻。2万5000人を割って減り続けており、創生法の補助金を活用して何とか人口減少を抑制または増加させるような施策に期待したいところ。しかし、どんな方法があるのだろうか。すぐ思いつくのは企業誘致。景気回復の実感がなかなか持てないこのご時世で難しいが、業績を伸ばしている会社があるのも事実で、いかに御坊へそういった企業を引っ張ってくるのか、この機会にあらためて考えてほしい。また、最近は議会などで大学や研究所の誘致が提案されている。用地や受け入れ態勢など課題もあるが、可能性はゼロではないと思うので、実現するかしないかは別にして、そういった方向を検討してみてもいいと思う。そして、手をこまねくのではなく、攻めの姿勢で何か新しいチャレンジもほしいところ。
 確かに初年度の御坊市の補助金は3700万円で、高額とは言えず、今後、実績でどこまで増額されるのかも未知数。しかし、この補助金を生かすも殺すも御坊市の取り組みしだい。知恵と工夫で何とか成果を。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る