日高高校 百周年記念誌発行

 日高高校創立百周年を記念して同校百年史編集委員会(寺井滋委員長)が作製を進めていた「日高高校百年史」が完成した。同校初の記念誌で、執筆には元教諭や卒業生らが参加。大正3年の日高高等女学校から現在に至るまでの100年の歴史が記されており、約11年の歳月をかけて作った全689ページに及ぶ苦心の結晶。記念誌発行をもって昨年から続いてきた百周年記念事業が終了した。
 記念誌は冒頭数ページはカラー版で、校歌、現校舎や歴代校舎、歴代校長、百周年式典の写真などを掲載。続いて通史編では現教諭や元教諭、卒業生ら31人が執筆し、手記で12人が参加。日高高等女学校・日高中学校設立までの日高地域の教育から始まり、日高高等女学校の創立、続いて日高中学校の創立で、日高大空襲や学徒動員など戦時中の厳しい教育環境なども記されている。このほか日高工業学校、日高高校、定時制、中津分校などのこれまでの出来事やクラブ活動などを掲載している。
 寄稿編では高等女学校22人、日高中学校13人をはじめ86人の卒業生が投稿。横浜への学徒動員、学友の爆死、終戦前後の学校生活などをはじめ、野球や駅伝に打ち込んだ日々、人生のターニングポイントとなった担任との出会いなど思い出をつづっている。このほか卒業証書などの資料や年表を掲載している。
 同校百周年実行委員会の山下眞玄委員長は「11年の歳月を経て発刊となりました。ぜひ全体に目を通して100年の歴史を実感してほしい」とし、これまでの記念事業を振り返り「主に8つの事業に取り組んできましたが、ご寄付をいただいた皆さんをはじめ、多くの協力して下さった方々に感謝しています」と話している。
 記念誌は3000部発刊。関係機関や記念事業協力者に配布、予約者へ販売するほか、3月中に一般向けにも販売。1冊4000円で希望者は3月中の月、水、金曜日の午前中に同校同窓会事務局℡0738⑳1353。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る