どんなゴール目指すか

 大ヒット映画「永遠の0」や「ALWAYS 三丁目の夕日」などの作品で知られる映画監督の山崎貴氏。中学時代の文化祭でSF映画を制作、上映したところ、大勢の生徒たちに観てもらい、「我が最高の日。みんなに拍手をもらえたことが本当にうれしかった」と映画制作に感動を覚えた。映画監督の中にはヒットにはこだわらず作品づくりにだけ熱を入れる人も少なくないようだが、山崎監督は「業界一、興行成績を気にする監督」。「作品をつくることがゴールではなく、多くの人に観てもらってこそ意味がある」と、かけがえのない体験から学んだことを胸にメガホンを取っているという。
 「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助氏が創業したPanasonic。松下氏が制定して以来、「生産・販売活動を通じて社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与すること」を経営理念としている。いかに社会の役に立てるかをゴールに事業を推進。いまも世界的な企業として存続している。
 人や仕事によってゴールはさまざまだと思うが、どんなゴールに向かって物事に当たるかで結果や社会的評価は変わってくるように思う。映画監督の場合、結局観客が来なければ「みんなに拍手をもらえた」という感動体験を味わうことはできない。企業では莫大な利益を上げても社会的貢献度が低ければ信頼を得られず、繁栄は長続きしない可能性が高くなるだろう。
 年末から続いた選挙もひと段落。当選した政治家の皆さんにはゴールを再確認してもらいたい。選挙の勝利ではなく、住民の福祉向上であると。本来のゴールへ向かっても選挙中のような必死の活動ができれば多くの人から支持、信頼を得られるはずである。      (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る