ことしの花粉飛散は?

 最近、筆者の周りでくしゃみをしたり、マスクをつける人の姿が増えてきた。スギ花粉の飛散が始まったようで、軽い花粉症の筆者も目がしょぼしょぼし始めた。ことしの飛散状況はどうだろうか?
 日本気象協会が発表している「2015年春のスギ・ヒノキ花粉飛散予測」によると、東北や関東、北陸は昨年の2、3倍と高いが、近畿地方は昨年並みで、例年と比べて少ないとのこと。全体的には本州東側が前年より多く、西側は少なめ。特に四国や九州は昨年比30%。昨年夏は、北陸、関東甲信、東北地方で気温が高いところが多かったが、九州や四国は低温、少照、多雨となり、花芽が形成されにくかったため例年より少なくなるという。ピークは大阪では3月上旬が見込まれており、花粉症の人には、これからつらい時期に入る。
 なんらかの方法で症状を軽減したいところ。花粉症を悪化させる要因としては▽ストレス▽睡眠不足▽運動不足▽高カロリーな食事など乱れた食生活▽過度の飲酒や喫煙など。ちなみに筆者は毎年ヨーグルトを食べる方法を実践している。ヨーグルトに含まれている乳酸菌が作用することで腸内環境を整え、免疫機能を正常に保つとのこと。ただヨーグルトの種類によって効果の有無があったり、また厚生労働省のウェブサイトには「ヨーグルトを毎日食べるブルガリアの人でもアレルギーの病気はあります」とのことで、効果が証明されているわけではなさそうだが、個人的には症状の軽減効果は感じている。他にもたくさんの対策はあるが、まずは悪化させないよう健康的な生活が大切。なかなか難しいものもあるが、この時期だけでも心がけよう。
        (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る