南山陸上競技場の改修進む

 今秋の紀の国わかやま国体とわかやま大会(全国障害者スポーツ大会)に向けて、日高川町が進めている和佐の南山スポーツ公園陸上競技場の改修工事は大詰めを迎えている。陸上競技場は両大会のアーチェリー競技のメーン会場で、これまでの土に替えてフィールドをウレタン舗装や人工芝にするなどリニューアル。国体後の利用を視野に入れた充実した施設を目指しており、日高地方のスポーツの中核施設として期待されている。
 今年度に実施しているのは、アウトフィールド以外の部分を整備する1期工事。トラック、跳躍走路、インフィールドの投てき・跳躍スペースなどをウレタン化し、天候に左右されない全天候型に改良。ほかインフィールドの中央部分を人工芝にし、砲丸投げの着地エリアをアンツーカー(レンガ等の土を粉砕した赤褐色の人工土)にするリニューアル整備を進めている。工事は最終段階ですでに美しい緑の人工芝が敷き詰められ、現在トラックとインフィールドを町のイメージカラーである色鮮やかなブルーに舗装している。今年度中にも競技で利用するすべての設備が完成する。事業費は5億4000万円で、うち1億4800万円は独立行政法人日本スポーツ振興センターの助成金。施工は和歌山市の日本体育施設㈱和歌山営業所。アウトフィールドの2期工事は来年度。サッカーなど陸上競技以外での利用も考慮に入れられている。
 日高川町では、国体に向けて昨年度から来年度まで3年間で約9億円をかけて南山スポーツ公園を整備する計画で、昨年度までに陸上競技場で2階建ての本部棟や公衆トイレなど完成。国体時にアーチェリー競技の練習場となる野球場は内野を黒土にし、選手の安全面を考慮してフェンスにラバーを設置した。未舗装だった駐車場もアスファルト舗装し、約200台収容のスペースを確保したほか、野球場西側の用地を整備し、国体時に物産販売や交流スペースとして利用する多目的広場が完成している。

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る