御坊市 まち・ひと・しごと創生本部を設置

 国の「まち・ひと・しごと創生法」の公布を受けて、御坊市は24日に市役所で同創生本部(本部長・柏木征夫市長)を設置した。創生法は人口減少や雇用確保、子育て支援など、地域の取り組みに交付金を出す制度。御坊市では特に人口減少が深刻で、「可能な限り人口減を抑制し、若者の希望がかなう取り組みをしていきたい」などと意気込んでおり、どういった事業が展開されるのか注目される。
 創生法は少子高齢化に対応し、人口減少に歯止めをかけるとともに、それぞれの地域で住みよい環境を確保していくことなどが目的。国が補助金を出して自治体ごとに人口ビジョンや地方版総合戦略を策定して進めていくが、成果や実績を出した自治体にはより手厚い交付金が出されるなど、地域ごとの積極性ややる気が試される取り組みとなる。創生本部を立ち上げるのかどうかも自治体の判断に任されており、県内ではすでに有田市などが設置した。
 御坊市の創生本部は職員で組織。4月には学識経験者や関係団体の10人程度でつくる総合戦略策定委員会も設置。人口の現状分析などを行いながら、27年度末までに御坊市の人口ビジョンと総合戦略(27年度から31年度までの5年間)をまとめていく。国が示す総合戦略の基本目標は①地方における安定した雇用を創出②地方への新しいひとの流れをつくる③若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる④時代に合った地域をつくり、安心な暮らしを守るとともに、地域と地域を連携する――の4本柱を掲げている。同本部は「将来の人口減少を可能な限り抑え、若い世代の就労、結婚、子育てなどの希望の実現、地域の特性に応じた課題の解決などに取り組みたい」としており、設置会議で柏木市長は「人口増はなかなか言ってもできるものではないが、高齢者の健康対策なども含め、さまざまな事業を考えてほしい」と各課に指示した。現在、市の人口は2万5000人を割り込んで減少に歯止めがきかず、大きな問題となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る