紀州日高漁協の「ハリワカメ」が人気

 紀州日高漁業協同組合(松村德夫組合長)が商品化して3年目となる由良町衣奈の養殖ワカメを使った「ハリワカメ」はことしもシーズンを迎え販売しているが、県内外のすし屋などから注文が殺到している。もともと全国的に珍しい衣奈の名物だったが、近年作り手が減少してきたことから、「伝統の食文化を残そう」と組合が商品化。巻きずしののりの代わりに使われ、ワカメ独特の香りと食感が大人気となっている。
 ハリワカメは、ワカメの柔らかな葉の部分を板状に張り合わせてほどよく乾燥させて作る。ワカメ養殖が盛んな衣奈では古くから食べられていたが、製造者が少なくなり、製造技術が廃れる恐れもあった。こういったことから組合では由良町で漁師に限らず賛同者を募り、ハリワカメ作りの講習会を開催するとともに、包装袋なども新たに作って商品化。プレミア和歌山(優良県産品)の認定も受けた。現在は主婦ら8人が製造を行っている。
 昨年は3000袋を生産し、5月ごろまでに完売したが、ことしはすでに2000袋の注文があり、地元だけでなく県外からの予約も。組合では「年間で4000袋ぐらい生産できればいいが、ワカメ養殖の状況もあり、昨年は3000袋だった。ことしもどれだけ生産できるかまだ分からず、注文を受けても生産が追いつかない状況となっている」とうれしい悲鳴を上げている。ハリワカメの大きさは約40㌢×20㌢。1袋5枚入りで価格は1540円。巻きずしにすれば10本分ぐらいの量になる。問い合わせは組合本所0738―22―0451または衣奈浦支所℡0738―66―0111。

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いしま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る