紀州日高漁協の「ハリワカメ」が人気

 紀州日高漁業協同組合(松村德夫組合長)が商品化して3年目となる由良町衣奈の養殖ワカメを使った「ハリワカメ」はことしもシーズンを迎え販売しているが、県内外のすし屋などから注文が殺到している。もともと全国的に珍しい衣奈の名物だったが、近年作り手が減少してきたことから、「伝統の食文化を残そう」と組合が商品化。巻きずしののりの代わりに使われ、ワカメ独特の香りと食感が大人気となっている。
 ハリワカメは、ワカメの柔らかな葉の部分を板状に張り合わせてほどよく乾燥させて作る。ワカメ養殖が盛んな衣奈では古くから食べられていたが、製造者が少なくなり、製造技術が廃れる恐れもあった。こういったことから組合では由良町で漁師に限らず賛同者を募り、ハリワカメ作りの講習会を開催するとともに、包装袋なども新たに作って商品化。プレミア和歌山(優良県産品)の認定も受けた。現在は主婦ら8人が製造を行っている。
 昨年は3000袋を生産し、5月ごろまでに完売したが、ことしはすでに2000袋の注文があり、地元だけでなく県外からの予約も。組合では「年間で4000袋ぐらい生産できればいいが、ワカメ養殖の状況もあり、昨年は3000袋だった。ことしもどれだけ生産できるかまだ分からず、注文を受けても生産が追いつかない状況となっている」とうれしい悲鳴を上げている。ハリワカメの大きさは約40㌢×20㌢。1袋5枚入りで価格は1540円。巻きずしにすれば10本分ぐらいの量になる。問い合わせは組合本所0738―22―0451または衣奈浦支所℡0738―66―0111。

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る