シルバー美術展 赤木さんの書が優秀賞

 高齢者が作品を出品する「喜の国いきいき健康長寿祭シルバー美術展」が19日から23日まで県民交流プラザ和歌山ビッグ愛で開かれ、みなべ町芝、書家の赤木昭子さん(73)が優秀賞を獲得。10月に山口県で開催される「ねんりんピック山口大会」に県代表作品として出品されることも決まった。赤木さんは「大変うれしい。大勢の人に観賞してもらいたい」と話している。

 喜の国いきいき健康長寿祭シルバー美術展は、高齢者の想像力を高め文化活動を通じて触れ合いと社会参画を推進することを目的に毎年開催。ことしは日本画、洋画、工芸など5部門に計261点の応募があった。開催前に選考会を開き、県美術家協会のメンバー5人が審査し、優秀賞38点を選んだ。うち9点が10月17日から20日まで開催されるねんりんピック山口大会の県代表作品に選ばれた。最高齢出品は104歳の井窪きねゑさん(和歌山市・介護ステーションオアシス)の書で、タイトルは「いきていてよかった」だった。

 赤木さんの作品は、縦140㌢、横90㌢の紙に「染」と大きく書いた。平成25年、アメリカニューヨークの展示会に出品した際に梅染め愛好家らから梅染めの生地で作った作務衣(さむえ)をもらったことなどから梅染めに興味を持ち、この年には「染」という字を集中的に書いた。今回の出展作品もこの時期に仕上げた書で、「思いを筆に乗せて伝えた」という。受賞について「昨年も出展して優秀賞に入ったが、ことしは県代表としてねんりんピックに出展できる。選んでいただいて光栄。大勢の皆さんに観賞してもらいたい」と話している。

 赤木さんの師は岩代の故羽柿賀恵子さん。個展で作品を見て感銘を受け、平成13年に墨人会に入会して本格的に書を始めた。現在は個展や作品展の参加など、精力的に活動を行っている。
 このほか日高地方の喜の国いきいき健康長寿祭シルバー美術展優秀賞受賞作品は次の皆さん。

 【工芸】宮本シナヱ(87)御坊市「夏糸チュニックワンピース」▽佐々木六和(80)みなべ町「夕焼」▽北岡泰子(74)ごぼうの郷「初夢」▽藤田勢子(85)日高博愛園「獅子舞」【書】戸川南峰(74)美浜町「無事」

20150225赤木さん書.jpg

   優秀作に選ばれた 「染」

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか前に進まへん…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る