首脳会談実現のきっかけに

 自民党総務会長の二階俊博代議士が率いる日韓国交正常化50周年友好交流ツアーが去る14日から16日までの3日間、ソウル市内で行われ、同行取材した。
 ツアーには観光関係者や一般旅行客ら1400人が参加。韓国側から「50年の歴史で最高の贈り物」と称賛され、大歓迎された様子を見ると、日韓観光交流への大きな成果となったと言えるだろう。また、都会化された街中を見る限り、反日を感じるような場面はなく、治安もよかった。大使館前だけは反日デモがあるそうだが、日本でもさまざまなデモがあるように、一部の人が騒いでいるだけのように感じた。現地の人の中には「日本と仲良くできるなら竹島はいらない」と漏らす人もいた。そこで「いらないも何も竹島は元から日本の領土」と反論する人もいるだろうが、そういうことを言わず「日本と仲良くしたい」という気持ちを大切にしてあげればいいと思う。日本国民の中には、情報が錯綜して感情的になっている人もいるが、現在の韓国に足を運んで目で見て、肌で感じたのだろうか。
 二階代議士の訪韓では朴槿惠(パク・クネ)大統領と会談した意義も大きい。従軍慰安婦や産経新聞前ソウル支局長の問題にも言及しており、解決できるのかどうかは別にして、冷え込んだ関係の中で踏み込んでいったのは立派。そもそもこの時期に会談が実現したことに感心する。実は二階代議士は朴大統領が国会議員の時から雑賀鉄砲隊の縁で交流があったからで、持ち前の幅広い人脈がここでも生かされた。
 確かに日韓関係の改善には両国首脳会談の実現が前提。今回の訪韓の目的は観光交流促進だが、このきっかけを無駄にすることなく安倍晋三総理には前向きに取り組んでほしい。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じになってきました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る