ジュニア駅伝 御坊市が5位入賞

 第14回県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会は15日、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場をスタート、県庁前をゴールとする10区間21.1㌔に29市町村の代表(北山村が不参加)とオープンの計45チームが参加して争われた。日高地方勢はVゴールこそならなかったものの、御坊市が会心のレースで2年連続13回目の入賞となる5位と健闘。みなべ町の清水梨穂選手(上南部中2年)と由良町の大江智也選手(由良小6年)がいずれも新記録で区間1位となった。
 御坊市は、3区の大沼はるな選手が区間2位の快走を見せ、16位から一気に10位に浮上。中盤は6区の福居夏帆選手の区間3位の力走などで入賞圏内の8位まで順位を押し上げた。終盤に入ると、7区、8区の2選手は安定した走りで入賞圏内をキープし、9区の北野暖選手は区間2位の走りで7位から5位に。アンカーの中川裕斗選手は懸命の走りで5位を守り抜き、1時間11分25秒でフィニッシュした。絶対的なエースがいないなか、チーム一丸となったたすきリレーで後半にかけて順位を上げる思い通りのレースぶり。7位だった昨年より2つ順位を上げ、タイムも2分47秒速い記録で13回目の入賞を果たした。前田昌紀監督は「練習の成果を存分に発揮して、力を出し切ってくれた。みんな最高の走りだった」と選手をたたえ、中学生男子主将の矢野翔麻選手、同女子主将の杉本瑠奈選手は「みんなで力を合わせて走ることができました。入賞を目指していたので5位に入賞できてうれしい」と笑顔で話していた。
 ほか、日高地方勢では、昨年11位で2年ぶりの入賞を狙った日高川町は激戦の1区で原直希選手が区間3位の快走を見せたものの10位。印南町も、過去最高タイムをマークして健闘したが12位だった。 
 レースは和歌山市が4年ぶり5回目の優勝。レース後、県民文化会館であった表彰式では総合上位8チーム、区間賞(上位3選手)のほか、第9回大会以降新記録をマークした12市町、5年連続登録競技者19人の表彰も行われた。新記録賞が授与された印南町は第12回大会のタイムを2分29秒、日高町は第9回大会のタイムを1分30秒更新。地元勢の5年連続登録競技者は美浜町の稲田悠人(松洋中3年)、印南町の古部湧真(稲原中3年)、佐々木美幸(切目中3年)、早田飛来(田辺中3年)の4選手。総合成績上位と、地元勢の順位、区間上位入賞者は次の皆さん。
 【総合】(タイムはすべて1時間台)①和歌山市8分39秒=大会新②田辺市9分15秒=大会新③海南市9分21秒=大会新④岩出市⑤御坊市(家吉新大、杉本瑠奈、大沼はるな、浜中梨央那、矢野翔麻、福居夏帆、由良勇人、岩﨑愛佳、北野暖、中川裕斗)11分25秒⑥橋本市⑦紀の川市⑧有田市⑩日高川町12分50秒⑫印南町13分13秒⑮みなべ町14分21秒⑰日高町14分43秒⑱美浜町15分05秒25由良町19分29秒
 【区間賞】1区3.0㌔③原直希(日高川町)9分06秒▽3区1.6㌔②大沼(御坊市)5分20秒▽4区1.9㌔①清水梨穂(みなべ町)6分16秒=区間新▽6区1.4㌔③福居(御坊市)4分58秒▽7区1.7㌔①大江智也(由良町)5分57秒=区間新▽9区2.0㌔②北野(御坊市)6分31秒

関連記事

フォトニュース

  1. 梅はとっても体にいいんだよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る