中紀精機の新工場が起工

 印南町印南原の電子部品製造業「中紀精機㈱」(林俊男代表取締役社長)は13日、新工場「稲原工場焼成棟」建設に向けた起工式を行い、町や県、同社関係者ら約30人が出席し、7月の無事完成を祈願した。
 林社長はじめ日裏勝己印南町長、花田健吉県議会議員、岡本敏秀日高振興局長のほか、同社親会社の太陽誘電㈱(本社=東京)や施工業者関係者が出席。盛り砂に鋤(すき)を入れる「穿初(うがちぞめ)の儀」などで、工事の完成を祈った。
 神事のあと林社長が「平成元年の稲原工場竣工以来27年ぶりの工場建設となりますが、我々『ものづくり』に携わる者にとって工場建設は大きな喜び。我々が目指す世界ナンバー1の商品づくりをこの工場で実現し、事業の発展と地域社会への貢献を果たしたい」とあいさつ。日裏町長は「人口減少や雇用対策など地方自治体がさまざまな課題を抱える中、工場増設は印南町にとっても大変明るい未来になると期待しています」と祝辞を寄せた。
 同社の製品「インダクタ」の生産拡大に向けた増設。インダクタはスマートフォンやタブレットパソコン、デジタルカメラ、液晶テレビなどに使われており、あらゆる製品、また日本を含む世界中でニーズが高まっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 龍が飛び出てきそう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る