4月の県議選 御坊市は選挙戦微妙

 統一地方選としてことし4月3日告示、12日投開票で行われる和歌山県議選の立候補予定者説明会が、10日に県庁で開かれた。日高地方では御坊市部(定数1)に自民党現職の中村裕一氏(54)=熊野、7期=と平成23年の前回選挙に出馬した民主党新人の斎藤麻希氏(38)=藤田町吉田=の2陣営が出席したが、斎藤氏が立候補の態度を決めかねており、選挙戦に突入するかどうかは微妙。日高郡部(定数3)は現職陣営だけの出席で、4期連続無投票の公算が大きくなっている。
 御坊市部をみると、中村陣営では先月31日、県議選に向けて事実上の決起集会を開いており、本人が「8回目の選挙もよろしくお願いします」と決意表明。出席した支持者ら約200人も「選挙戦に突入しようがしまいが、盤石の態勢を整えていこう」などと、常在戦場の心構えで一致団結を誓った。一方、斎藤氏はこれまで表立った動きはみせていないが、「立候補したいという気持ちがあり、準備しておこうと説明会に出席しました。ただ、この4年間で出産し、育児に追われている状況で、難しい面があります。出馬するかどうかは、浅田真央ちゃんの言葉を借りるとまさに『ハーフハーフ』です」と話している。ちなみに前回選挙は、24年ぶりの選挙戦となり、中村氏が8168票、斎藤氏が3041票だった。投票率は54.8%で過去最低を更新した。
 日高郡部で説明会に出席したのは、自民党現職の冨安民浩(66)=日高町高家、6期=、坂本登(68)=みなべ町南道、4期=、花田健吉(56)=印南町印南原、3期=の3氏の陣営のみ。ほかにも日高川、印南、みなべ町などでうわさが上がっては消えており、いまのところ新人出馬はなさそう。ただ、意欲のある町議や会社社長らもおり、今後も予断を許さない。

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る