南部梅林で協会設立50周年式典

 みなべ町晩稲の南部梅林で11日、同梅林を運営する梅の里観梅協会(糸川昭三会長)の設立50周年式典が行われた。梅栽培の先駆者内中源蔵氏を偲ぶ梅供養と併せて行われ、糸川会長は「所得減少や後継者不足と農家を取り巻く環境は厳しいが、微力ながら産業の発展に貢献していきたい」と式辞した。梅林公園では、南部高校の生徒らが梅の記念植樹も行った。
 南部梅林の観梅協会は昭和初めに発足したが、観梅事業は太平洋戦争で一時中止。その後、昭和40年から活動を再開し、町の観光やPR活動を通じた梅の消費拡大に貢献してきた。
 式典は、梅林料金所近くの小殿神社前で行われ、初代会長の竹田郁夫さん(87)=晩稲=に感謝状を贈呈。糸川会長はあいさつの中で、先駆者の内中氏の功績をたたえながら「『一目100万本、香り十里』といわれる南部梅林には愛着と誇りを持っている。梅は健康食の代表格だが、農家を取り巻く環境は厳しい。これからも微力ではあるが、梅産業の発展に貢献できるように頑張っていきたい」と述べた。小谷芳正町長は「アベノミクスの景気の波に乗れておらず、梅産業の環境は厳しい。世界農業遺産への登録を進め、世界にPRできるように取り組んでいきたい」と意気込みを話した。来賓の仁坂吉伸知事や地元の坂本登県議会議長も、世界農業遺産への取り組みに加えて梅干しが国に災害備蓄用として位置づけられ「格上げ」されたこと、日本洋酒酒造組合が人工調味料を使っていない梅酒を本格梅酒として自主基準を定めたことなどを紹介した。このあと光明寺の和田教完住職が読経する中、出席者が焼香して内中氏の冥福を祈った。
 梅林公園では南高梅の名称と関係の深い南部高校園芸科の岡﨑汰一君(2年)、濵口悠斗君(同)、梁瀬広志君(同)の3人が仁坂知事、坂本県議会議長、小谷町長と一緒にそれぞれ梅の苗木を植えた。

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る