人の心を動かす言葉の力

 御坊ライオンズクラブ主催、日高地方子ども暗唱大会も4回目。いろんな詩や文章に出会えるのが楽しみで、毎回全部傾聴している
 
 中学群読奨励賞、湯川中2年の「早口ことばのうた」では、「そうだ村の村長さん」が面白かった。子どもの頃きいた覚えのある「ソーダ村のソーダさんがソーダ飲んで死んだそうだ」の原典が、童謡「さっちゃん」などの作詞で知られる詩人阪田寛夫の作品とはまったく知らなかった。しかもこのそうだ村の村長さんは実は死んでおらず、クリームソーダの温泉が作りたいとみんなと相談する愉快な村長さんであった
 笑いを誘う発表、胸を熱くする発表。まっすぐに前を見すえ、会場の後ろまで響きわたる声での凛とした発表。首をかしげかしげ宙に目をやり、胸の奥からしぼり出すように言葉を思い出しながらのほほえましい発表。それぞれにたくまずして個性が出る。自分で黙読する詩や文とは違い、一字一字が省略されずにすべてはっきりと心に届く。著者の思いを観客に間違いなく届けようとするように。そしてそこには、表現者の感動も乗せられる
 その日の朝、「イスラム国」によるジャーナリストの後藤健二さん殺害が報道された。それがずっと頭のどこかにあったためか、早蘇中1年の発表、谷川俊太郎の詩「くり返す」での「人の命をくり返すことはできない/けれどくり返さなければならない/人の命は大事だとくり返さねばならない/命はくり返せないとくり返さねばならない」の叫ぶような声は、殊に胸に響いた
 言葉とは「人の心を動かす」という、場合によっては何よりも強く働く力を持つものである。若くすがすがしい声の暗唱をきくたび、そのことを実感する。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る