美浜町長選 森下さん一夜明け笑顔

 8日投開票の美浜町長選で、元町議の新人を大差で退けた森下誠史さん(59)。当選から一夜明けた9日朝、三尾の自宅には友人や知人の訪問、電話、電報による祝福が続くなか、疲れもみせず、笑顔で選挙戦を振り返った。
 獲得票は前回より47票少ない3063票だったが、得票率60%は、自身が現職に挑んだ前回より4㌽アップ。結果については「予想外の多くの支持をいただき、驚くとともに、あらためて身の引き締まる思いです」という。
 今回は4年前とは逆の立場となり、告示までは公務で動けないもどかしさもあったが、選挙戦に入ってからはその分を取り戻すかのように、後援会、家族とともにアクセル全開で駆け抜けた。
 9日も早朝から街頭に立って住民に感謝。「本当は一軒ずつ回ってお礼をいいたいのですが、(公選法のため)それができないので、申し訳ない気持ちでいっぱいです」。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る