トラ柄の裏地にヒント

 大の阪神ファンで知られる経済評論家で大阪学院大教授の国定浩一さんの講演を取材した。国定さんは「〝虎エコノミスト〟大いに語る 2015年の関西経済を展望する」をテーマに、ことしの経済状況を中心に講演。阪神タイガースへの愛情たっぷり、面白おかしいトークも飛び出し、あっという間の1時間半だった。
 講演の終盤、2000年からこの14年間、景気は本当に悪かったと述べたが、「それでも儲かっている、成功している企業はたくさんあると分かった」と、景気低迷の中でも業績を伸ばした企業を紹介。「成功の秘けつ」を分かりやすく解説してくれたのが興味深かった。
 国定さんによると、成功した企業には2つの共通点がある。1つは「IT(情報技術)」。スマホのゲームなどで業績を伸ばすIT企業という意味ではなく、いままでの営業にITを取り入れることだという。コンピューターを使って顧客情報をきっちり整理したり消費者の動向の統計をまとめ、効率的な営業に役立てたり。さらにはインターネットを活用して全国展開、発注から発送までを格段にスピードアップするなどで、一気に盛り返した企業もあったとした。もう1つは「新しいアイデア」。新しいといっても「普通」ではダメ。「アホかといわれるほどのアイデア」が必要だという。トラ柄、タイガースの刺繍入りの自身のスーツの裏地を見せ、「これも初めは赤字だったが、ネット販売も活用して爆発的に売れた」と話していた。
 人口が少なく、社会基盤の整備も遅れている地方では「普通」では衰退するだけ。奇抜なトラ柄の裏地を笑って見ているだけでは生き残れない。     (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 美浜町で戦没者法要

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る