マヨネーズ風の味

 梅の新品種「橙高(とうこう)」を使ってマヨネーズ風のドレッシングづくりを進めている県の事業で、5日にみなべ町東本庄のうめ研究所で推進会議が開かれ、試作品が披露された。食物アレルギーの1つである卵が使用されておらず、アレルギーフリーのドレッシングの完成品を目指す。今後味の調整などを行い、来年の秋ごろに商品化される見込み。
 橙高は南高梅と地蔵梅を掛け合わせた新品種で、平成21年に県が品種登録した。特徴は、果肉が鮮やかなだいだい色で生活習慣病予防や老化抑制に効果があるといわれるβカロテンの含有量が多い。研究所では、マヨネーズに近い色合いで健康維持にも効果がある橙高に着目し、本年度からマヨネーズ風のドレッシングづくりに取り組んでいる。マヨネーズは定義として「卵黄または全卵などを使用している」と品質表示基準で決められているため、厳密には「マヨネーズ」とはいえない。
 試作品は県工業技術センターで開発。橙高の果肉をピューレ状にし、サラダ油を混合させて高速攪拌(かくはん)させて作った。色も形状もマヨネーズのようで、今後はタイアップしているJA紀南で味の調合などに取り組んでいく。
 推進会議には県やJA紀南の職員ら15人が出席。これまでの取り組み、βカロテンが多くなる栽培方法などを、うめ研究所の土田靖久主査研究員、県工業技術センターの赤木知裕主査がそれぞれ説明。試作品とマヨネーズで野菜サラダを試食した。意見交換では「マヨネーズ風のドレッシングだと、卵アレルギーの子どもにもたっぷり付けて食べてもらえる」「試作品は完成度が高い。今後は味付けが重要」「商品として売り出す際には、橙高の良さをアピールすることも大切」という声が上がっていた。現在、橙高の栽培面積は2㌶程度と少ないが、土田主査研究員は「商品化が成功すれば、橙高の栽培も普及できる」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る