日高町議選には13人出馬

 任期満了に伴う日高町議選は3日に告示され、定数11に対して予想通り現職7、新人6の13氏が立候補。8日の投開票へ向け、2人超過の少数激戦で5日間の舌戦が始まった。昨年5月の補欠選で無投票当選の現職2氏を含む8氏が初の選挙戦という異例の議席争い。前哨戦では新人数人がトップの勢い、現新4、5人が当落線上とみられたが、勝負はこれからが本番。多くの候補者は寒さ厳しい中も出陣式で熱のこもった第一声を放ち、街宣に飛び出していった。
 立候補の届け出受け付けは午前8時半から中央公民館2階大会議室であり、各陣営の運動員らは次々と手続きを済ませて事務所へとんぼ返りした。出陣式を行った陣営では候補者が支持者らを前にたすきをかけてマイクを握り、公約や決意、支持拡大をあらためて訴え、すぐに街宣車に飛び乗って町内各地へ「お願い」に向かった。
 今回の町議選は、防災対策をはじめ鳥獣害対策、高齢者の外出支援、教育の充実など各候補者で共通の訴えが多く、目立った争点はないまま本番へ突入。有権者の関心は「泣く2人は誰か」の一点に集まっている。前哨戦は内原地域の大票田の地元に支持を広げる新人と、志賀地域で若手運動員が精力的に動いている新人がトップをうかがうムード。中堅・ベテラン勢は安定した戦いぶりを見せ、地盤が小さい、または血縁が少ない、地元の競合が激しいなどの現新4、5人がやや劣勢を強いられているもよう。ただ、前回選挙時から引退、落選票が3000票余りもあるとみられ、各陣営とも「読みにくい選挙」と口をそろえている。さらに20代の新たな有権者、アパートや新興住宅への移住者の票が数百票はあり、今後の取り込みしだいで戦況が一変する可能性も残されている。まだ勝負は始まったばかりで予断を許さない状況だ。

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る