渡る世間に鬼はなし

 1月はいく( いぬ、いぬる )といわれるように、あっという間に過ぎ去った。1カ月間を振り返ると、外国で日本人が標的となった人質事件など思いもよらぬ事態に心痛めた1年の始まりの月であった。全国的にも「人を殺してみたかった」と女子大生が知人の高齢女性を殺害したり、和歌山県でも中学生による傷害事件など、例年にないほど世間に衝撃を与えたニュースが多かった。どうか2月は、いやこれからずっと、痛ましい事件が起こらないでほしいと誰もが願っていることだろう。
 その2月もきょう3日は節分である。冬という季節が終わり、翌日は立春。まだまだ寒い日が続き春の息吹は感じられないが、暦の上ではもう春だ。そういえばもう長いこと豆まきをしていない。子どものころは玄関から「鬼は外」と思いっきり豆を投げたものだが、最近はそんな家庭も少なく、どちらかというと巻きずしの丸かぶりの方が定着しているように思う。それはそれでいいが、1年に1度の節分にはやはり「オニ」退治をしたいもの。
 オニは一人一人の心の中にもあろう。筆者のように「怠けオニ」を心の中に住まわせている人もけっこう多いかもしれない。子どものように「忘れ物オニ」や「朝寝坊オニ」、「あわてん坊オニ」ならかわいいものだが。少なからず誰しも心当たりがあるのではないか。そんなオニを外に追っ払い、子どもなら「早寝早起き朝ご飯」、筆者なら「常に新しいことにチャレンジ」など、それぞれの福を自ら招き入れようではありませんか。せちがらい世の中、何より人を思いやる気持ちを持ちたいもの。渡る世間に鬼はなし。情があふれる世の中であることを心から願う。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る