永遠の別れに絆を強める

 このところ立て続けに親類、知人が亡くなり、喪服に着替えてお参りばかり。宗派が違えばお通夜の流れにも多少の違いがあり、宗教自体が違うとお参りの仕方に戸惑うことも。
 「法華骨なし」「浄土情なし」など、他の宗教の信者を揶揄する言葉もあるなか、筆者は「門徒もの知らず」の浄土真宗。年末に親類が亡くなり、いまは忌明けの四十九日までの七日参りが続いている。
 毎週、耳慣れた『正信念仏偈』で始まり、親戚一同は経本を繰りながら、住職の声に合わせて合唱。約20分のお勤めはある種、ライブのような一体感があり、先日、故人の命日には『仏説阿弥陀経』をいただいたが、リードボーカル(住職)のあまりのテンポの速さに誰もついていけなかった。
 こうべを垂れてありがたい御文章をいただいたあと、元教師の住職が親子の絆や言葉の意味について話をされる。先日は、故高倉健さんの座右の銘、「行く道は精進にして 忍びて終わり悔いなし」という言葉について教えてもらった。
 この言葉は阿弥陀如来がまだ菩薩のころ、修行時代におっしゃった言葉で、健さんは親交のあった比叡山の大阿闍梨、故酒井雄哉さんから贈られたという。意味はどんな苦難に身を沈めても、悟りを求めて耐え忍ぶ。最期まで「男の中の男」を貫いた健さんにしか似合わないこの言葉は、そのまま遺言のようにも聞こえる。
 どの仏様、神様にしろ、子どもからお年寄りまで親類縁者が集う法要、お参りは、故人とつながると同時に、現世の人と人との絆を強めるタイミングでもある。もちろん、凡百の筆者は健さんのようなしんどい生き方はできないが、どんなに忙しくともせめて、故人が与えてくれたこの機会に時間を惜しまないようにしたい。    (静)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る