好きな言葉を探そう

 年末年始の取材で、「座右の銘を持とう」「好きな言葉を探しておこう」という話を聴いた。自分自身、いくつか頭の中にあるので紹介したい。
 「失敗は『敗(負け)を失うと書く』。だから恐れずにチャレンジし続ければ成功につながる」。町づくりの活動をやっている方から教えてもらい、新しいことをやる際に思い出している。「(努力することは)成功は約束されないが、成長は約束される」。サッカーの元日本代表監督の言葉。仕事で一生懸命にやってもうまくいかないとき、そう思うようにしている。むだなことはないと思えば、いつも前向きに頑張っていける。「人は人によって人となる」。甲子園に出場した監督が話していた一言。多くの人たちと接する仕事をしている関係で、取材を通じて自分も成長させてもらっていると感謝の気持ちを忘れないように覚えている。「夢は逃げない、逃げるのはいつも自分」。剣道の実力者の言葉で、何かを成そうと思ったときには強い意志を持つことの重要さをあらためて感じさせられた。その他、「稲穂の心」(偉くなっても、成長すればするほど頭が垂れる稲穂のように頭を下げて謙虚でなければならない)や「ロウソクたれ」(わが身を削って周囲を明るく照らすような人になれ)。また、「生き残るのは最も強いものでも知的なものでもない。変化に最もよく適応したものだ」、「明日死ぬと思って生きろ。永遠に生きると思って勉強しろ」なども心に留めている。
 家族、友人、上司からもらった言葉で元気が出たり、逆に傷ついたりした経験は誰にもあるはず。言葉には見えない力があり、自分が前向きになれる言葉を見つけておくことをお勧めしたい。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 龍が飛び出てきそう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る