好きな言葉を探そう

 年末年始の取材で、「座右の銘を持とう」「好きな言葉を探しておこう」という話を聴いた。自分自身、いくつか頭の中にあるので紹介したい。
 「失敗は『敗(負け)を失うと書く』。だから恐れずにチャレンジし続ければ成功につながる」。町づくりの活動をやっている方から教えてもらい、新しいことをやる際に思い出している。「(努力することは)成功は約束されないが、成長は約束される」。サッカーの元日本代表監督の言葉。仕事で一生懸命にやってもうまくいかないとき、そう思うようにしている。むだなことはないと思えば、いつも前向きに頑張っていける。「人は人によって人となる」。甲子園に出場した監督が話していた一言。多くの人たちと接する仕事をしている関係で、取材を通じて自分も成長させてもらっていると感謝の気持ちを忘れないように覚えている。「夢は逃げない、逃げるのはいつも自分」。剣道の実力者の言葉で、何かを成そうと思ったときには強い意志を持つことの重要さをあらためて感じさせられた。その他、「稲穂の心」(偉くなっても、成長すればするほど頭が垂れる稲穂のように頭を下げて謙虚でなければならない)や「ロウソクたれ」(わが身を削って周囲を明るく照らすような人になれ)。また、「生き残るのは最も強いものでも知的なものでもない。変化に最もよく適応したものだ」、「明日死ぬと思って生きろ。永遠に生きると思って勉強しろ」なども心に留めている。
 家族、友人、上司からもらった言葉で元気が出たり、逆に傷ついたりした経験は誰にもあるはず。言葉には見えない力があり、自分が前向きになれる言葉を見つけておくことをお勧めしたい。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る