全国高専英語コンテスト 西川さんが優勝

 一般社団法人全国高等専門学校連合会と全国高等専門学校英語教育学会の第8回全国高等専門学校英語プレゼンテーションコンテストが24、25日に東京都の国立オリンピック記念青少年総合センターで行われ、和高専物質工学科5年生の西川ちひろさん(20)=御坊市熊野、河南中出身=がスピーチ部門で見事初優勝した。昨年11月の近畿予選は2位通過だったが、さらに猛練習して喜びの栄冠となった。
 同コンテストは全国高専学生の英語表現力の向上や学校間の親睦と交流を図り、国際感覚豊かな技術者を育成しようと毎年恒例。スピーチ部門には全国8ブロックの上位2人、計16人が出場し、英語の発音やリズム、発表の内容、声の大きさ、アイコンタクトなどの基準を基に審査された。西川さんは「Go Go Rikejo」のタイトルで発表。近畿2位の反省を生かしながら、「リケジョ(理系女子)」が減っている理由を解説し、自分自身がオープンキャンパスで理系女子を増やす取り組みを行っていることなどを紹介。受賞に際して「中学時代から英語が好きで勉強してきましたが、まだ信じられないぐらいです。これも先生方の指導のおかげ。感謝の気持ちを忘れず、これからも頑張ります」と目を輝かせている。26日には市役所を訪問。優勝報告を受けた柏木征夫市長は「本当にすごいこと。御坊市にとって大きな誇り」などとたたえた。
 和高専は、前回の同コンテストに西川さんをメンバーとするグループ部門で出場しており、近畿予選は1位通過だったが、全国舞台での入賞はならなかった。今回、個人での参加で雪辱を果たした格好。また、和高専の学生はロボットコンテストなどで活躍しているが、英語部門での栄誉は初めて。堀江振一郎校長は「和高専創立50周年を迎え、学校にとっても大きなプレゼント。理系であっても論文などには英語を使うし、これからますます英語の必要性が高まっていく。本校では2年前からイギリス人講師も採用して指導している」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る