全国高専英語コンテスト 西川さんが優勝

 一般社団法人全国高等専門学校連合会と全国高等専門学校英語教育学会の第8回全国高等専門学校英語プレゼンテーションコンテストが24、25日に東京都の国立オリンピック記念青少年総合センターで行われ、和高専物質工学科5年生の西川ちひろさん(20)=御坊市熊野、河南中出身=がスピーチ部門で見事初優勝した。昨年11月の近畿予選は2位通過だったが、さらに猛練習して喜びの栄冠となった。
 同コンテストは全国高専学生の英語表現力の向上や学校間の親睦と交流を図り、国際感覚豊かな技術者を育成しようと毎年恒例。スピーチ部門には全国8ブロックの上位2人、計16人が出場し、英語の発音やリズム、発表の内容、声の大きさ、アイコンタクトなどの基準を基に審査された。西川さんは「Go Go Rikejo」のタイトルで発表。近畿2位の反省を生かしながら、「リケジョ(理系女子)」が減っている理由を解説し、自分自身がオープンキャンパスで理系女子を増やす取り組みを行っていることなどを紹介。受賞に際して「中学時代から英語が好きで勉強してきましたが、まだ信じられないぐらいです。これも先生方の指導のおかげ。感謝の気持ちを忘れず、これからも頑張ります」と目を輝かせている。26日には市役所を訪問。優勝報告を受けた柏木征夫市長は「本当にすごいこと。御坊市にとって大きな誇り」などとたたえた。
 和高専は、前回の同コンテストに西川さんをメンバーとするグループ部門で出場しており、近畿予選は1位通過だったが、全国舞台での入賞はならなかった。今回、個人での参加で雪辱を果たした格好。また、和高専の学生はロボットコンテストなどで活躍しているが、英語部門での栄誉は初めて。堀江振一郎校長は「和高専創立50周年を迎え、学校にとっても大きなプレゼント。理系であっても論文などには英語を使うし、これからますます英語の必要性が高まっていく。本校では2年前からイギリス人講師も採用して指導している」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る