観梅期間は特産の梅のPRを

 「一目百万、香り十里」で知られる、みなべ町晩稲の南部梅林が24日に開園した。岩代大梅林も来月1日にオープンする。現在はまだつぼみの状態だが、満開になると一面が白いじゅうたんを敷いたような眺めとなり、周辺には独特の香りが漂う。まさに日本一の梅の里にふさわしい早春を告げる花だといえるだろう。
 梅林シーズンになると京阪神などからの観梅客でにぎわい、例年3万人以上が訪れる。各梅林では期間中の土日曜日や祝日にイベントが展開され、梅料理キャンペーン、梅酒コレクション、夜に観梅が楽しめる夜梅祭、音楽ライブなどが多彩に催される。梅林以外でも、昨年制定された「梅干しでおにぎり条例」にちなんだギネス世界記録に挑戦するイベントが企画されているほか、各所で開かれるイベント会場でおにぎりを振る舞う「梅干しおにぎりリレー」も行われる。鶴の湯温泉では感謝祭、清川でも梅まつりなどがあり、この時期は楽しいイベントが目白押しだ。読者の皆さんも梅林でのんびりと1日過ごしてみてはいかがだろう。
 観梅とは直接関係しないが、近年課題となっている梅の消費低迷。消費宣伝が重要で、町では全国各所を訪れてPR活動に躍起だ。各種団体でも取り組みを実施しており、紀州みなべ梅干生産者協議会も景品に梅干しを入れているガチャポンを設置して若年層へアピール。町内の中学生も修学旅行先でPR用の梅干しを配布するなどの取り組みも行っている。
 梅林シーズンには、少しでも梅に興味を持っている人が訪れてくれる。特産の梅を大いにアピールできるチャンス。おもてなしの心で観梅客を迎え入れ、低迷傾向に悩む梅産業の起爆材となることを期待したい。    (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る