死者減はみんなの力で

 昨年1年間、御坊署管内の交通死者は1人で、統計を取り始めた昭和31年以降最少となった。筆者が警察回りの記者となった15年ほど前は年間10人以上が犠牲になっていたことを考えると、重大事故はもちろん、人身事故自体が年々減少しているのを感じる。なかでも一昔前のように無謀運転による事故はめっきり減った。ドライバーの安全意識が高まっている証拠だろう。全国の死者数は4113人で、20年前の1万684人に比べて半減以下。取り締まりや罰則の強化と地道な安全教育が効果を表しているといえる。
 交通ではないが、冬場に多い入浴時の事故死者は、1万4000人(10年ほど前のデータ)で、交通死者の3倍以上だ。高齢化社会が進んだいまはさらに増えていると推計されている。脱衣場の室温の低さや入浴後の血圧の変動などが起因して溺水の原因となる意識障害や湯のぼせが指摘されている。ただ、夏の熱中症に比べるとテレビや新聞での注意喚起も薄く、認識不足や「自分は大丈夫」という油断もあるのか、死者は減っていない。積極的な啓発活動が必要だろう。
 もっと大きな数字がある。昨年の全国の自殺者数は、警察庁の速報値で2万5374人だった。行政や民間団体の熱心な活動で5年連続で減少しているが、まだ交通死者の5倍以上。予防対策は重要な課題だ。サインに気づくのは簡単ではない。身近な人には心配をかけまいとすれば家族ですら見抜けないこともあるだろう。職場や普段から接している人のわずかな変化に敏感になり、声をかけるおせっかいさを多くの人が持とう。交通死のように10年、20年後には「本当に減った」と実感できるように。
       (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 全国で金メダルを!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る