死者減はみんなの力で

 昨年1年間、御坊署管内の交通死者は1人で、統計を取り始めた昭和31年以降最少となった。筆者が警察回りの記者となった15年ほど前は年間10人以上が犠牲になっていたことを考えると、重大事故はもちろん、人身事故自体が年々減少しているのを感じる。なかでも一昔前のように無謀運転による事故はめっきり減った。ドライバーの安全意識が高まっている証拠だろう。全国の死者数は4113人で、20年前の1万684人に比べて半減以下。取り締まりや罰則の強化と地道な安全教育が効果を表しているといえる。
 交通ではないが、冬場に多い入浴時の事故死者は、1万4000人(10年ほど前のデータ)で、交通死者の3倍以上だ。高齢化社会が進んだいまはさらに増えていると推計されている。脱衣場の室温の低さや入浴後の血圧の変動などが起因して溺水の原因となる意識障害や湯のぼせが指摘されている。ただ、夏の熱中症に比べるとテレビや新聞での注意喚起も薄く、認識不足や「自分は大丈夫」という油断もあるのか、死者は減っていない。積極的な啓発活動が必要だろう。
 もっと大きな数字がある。昨年の全国の自殺者数は、警察庁の速報値で2万5374人だった。行政や民間団体の熱心な活動で5年連続で減少しているが、まだ交通死者の5倍以上。予防対策は重要な課題だ。サインに気づくのは簡単ではない。身近な人には心配をかけまいとすれば家族ですら見抜けないこともあるだろう。職場や普段から接している人のわずかな変化に敏感になり、声をかけるおせっかいさを多くの人が持とう。交通死のように10年、20年後には「本当に減った」と実感できるように。
       (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る