弁当づくりが育むもの

 子どものころ父に魚のさばき方など教わったおかげか、上手下手は別にして料理は好きな方だ。基本的に食べるのが好きなので、晩ご飯など作っていてももうすぐこれが食べられると思うとうれしくてしょうがない。大したものではなくとも◆先日、日高高校・附属中学校保護者会「双成会」の講演会を取材した。講師は香川県の元小中学校校長で「子どもがつくる『弁当の日』」提唱者、竹下和男さん。「弁当の日」は買い出しから調理、弁当箱詰め、片付けまで全部子どもがやる弁当づくりの日を設ける取り組み。親は手伝わないのがルール。竹下さんが提唱した時は猛反対にあったが、今では全国1300校以上に広がっている◆資料の中に、卒業生に竹下さんが贈った言葉があった。「旬の野菜や魚の色彩・香里・触感・味わいを楽しめた人は、心豊かな人です」「『あるもので作る』『できたものを食べる』ことができた人は、たくましい人です」「自分の弁当を『美味しい』と感じ『嬉しい』と思った人は、幸せな人生が送れる人です」…実に20項目。自分の弁当を自分で作って食べる、それを体験することでこんなにも豊かな人間性が育めるものかと驚く。そして子どもの成長の一つ一つをすべて逃さず見守ろうとする細やかな視点、そこに込められた真心に感じ入る。取り組みが映像で紹介され、「友達に喜んでもらうことがこんなにもうれしいなんて知らなかった」という子どもの言葉が流れた時にはなぜか目頭が熱くなった◆食べるのが好きでも、自分のためならそれほど手間ひまはかけない。やはり家族に食べさせようと思うから、味にも栄養にも心を配る。人の役に立つことを「喜び」と感じる気持ちは、人間の持つ美しい本能の一つなのだろう。
       (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る