弁当づくりが育むもの

 子どものころ父に魚のさばき方など教わったおかげか、上手下手は別にして料理は好きな方だ。基本的に食べるのが好きなので、晩ご飯など作っていてももうすぐこれが食べられると思うとうれしくてしょうがない。大したものではなくとも◆先日、日高高校・附属中学校保護者会「双成会」の講演会を取材した。講師は香川県の元小中学校校長で「子どもがつくる『弁当の日』」提唱者、竹下和男さん。「弁当の日」は買い出しから調理、弁当箱詰め、片付けまで全部子どもがやる弁当づくりの日を設ける取り組み。親は手伝わないのがルール。竹下さんが提唱した時は猛反対にあったが、今では全国1300校以上に広がっている◆資料の中に、卒業生に竹下さんが贈った言葉があった。「旬の野菜や魚の色彩・香里・触感・味わいを楽しめた人は、心豊かな人です」「『あるもので作る』『できたものを食べる』ことができた人は、たくましい人です」「自分の弁当を『美味しい』と感じ『嬉しい』と思った人は、幸せな人生が送れる人です」…実に20項目。自分の弁当を自分で作って食べる、それを体験することでこんなにも豊かな人間性が育めるものかと驚く。そして子どもの成長の一つ一つをすべて逃さず見守ろうとする細やかな視点、そこに込められた真心に感じ入る。取り組みが映像で紹介され、「友達に喜んでもらうことがこんなにもうれしいなんて知らなかった」という子どもの言葉が流れた時にはなぜか目頭が熱くなった◆食べるのが好きでも、自分のためならそれほど手間ひまはかけない。やはり家族に食べさせようと思うから、味にも栄養にも心を配る。人の役に立つことを「喜び」と感じる気持ちは、人間の持つ美しい本能の一つなのだろう。
       (里)

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る