損して世界の勝ち組に

 水素で走るFCV(燃料電池車)。昨年末、トヨタが世界初の市販車「MIRAI」を発売し、5680件もの関連特許を無償で提供するという。まさに「損して得とれ」。独占技術を公開してFCVの市場成長を促すことで、後発の次世代自動車として、先行するHV(ハイブリッド車)やEV(電気自動車)に追いつく戦略だ。
 4年前、マツダが従来の自社カーの平均燃費を30%向上させる驚異のエンジン「スカイアクティブ」を開発した。NHKの番組でも紹介されていたが、逆転の発想が革新的アイデアを生み、1.3㍑のガソリン車ながらHV並みの低燃費を実現したという。技術者たちの不屈の精神が常識の壁を打ち破った。
 日本で低燃費といえばHVが主流だが、ヨーロッパでは排気量を小さくし、その力不足を補うためにターボチャージャーと組み合わせる「ダウンサイジングターボ」がトレンド。低燃費と加速性能を両立するこのエンジンは、1.2㍑エンジンで2.0㍑クラス、2.0㍑エンジンで3.0㍑クラスのパワーを出すといわれる。
 しかし、このガソリン車のダウンサイジングターボも、欧州メーカーが日本のHV技術に追いつけなかった結果との見方もある。かつて、HVでトップを走った日本のメーカーが特許を囲い込んだため、海外メーカーは参入を見送ってしまい、その結果、世界市場全体のHV占有率はかなり低くなってしまったという。EVでも同じように、日本のメーカーが高性能の充電器を開発しながら、規格競争で勝ち組になれなかった。
 トヨタのFCV特許公開は、こうした過去の苦い経験も背景にある。ものづくりニッポンのメーカーが競い合い、FCVフロンティアの勝者になると信じたい。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る